iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

「iPhoneではバックグラウンドのアプリを完全に終了させた方が良い」という嘘

この記事のURLとタイトルをコピーする

iPhoneのバッテリーがヘタってきて、充電がもう一日は持たない日々が続いています。

そんな中で少しでもバッテリーの持ちを良くしようと、iPhoneのマルチタスクをコマ目に終了させるようにしていました。

IPhoneではバックグラウンドのアプリを完全に終了させた方が良い という嘘 1

ですが、実はこれは間違いだったのです。iPhoneのバッテリーを長持ちさせようとするなら、アプリを完全終了させるのは良くない。

バッテリー面に限らず、iPhoneやiPadでは、マルチタスクのアプリは消さず、ただただアプリを閉じればそれでOK。そして、そのまま放置しておいた方が何かと良いという事らしいのです。

バックグラウンドのアプリを終了させてはいけない

情報メディア「ライフハッカー」曰く、iPhoneでマルチタスクに表示されているアプリは終了させない方がベター。バッテリーの持ちだけでなく、デバイスに負荷をかけない意味でも良いらしいのです。

上記の記事内では、過去にGenius Barで働いた経験を持つライターのScotty Loveless氏のコメントが掲載されています。それによれば、iPhoneでは自動的にアプリを終了させておりマルチタスク画面のアプリを終了させる事に意味はないというのです。

そもそも、iOSは多くのメモリが必要な作業をする場合、古いアプリを自動的に終了しています。つまり、アプリを終了する作業はすでにiOSが行っていることなのです。

つまり、私たちがコマ目に行っていた「マルチタスク上に表示されているアプリの削除作業」は、全く意味のない作業であったということです。

これについては、Appleの公式サイトでも同じような内容が掲載されています。

マルチタスクによって、アクティブな App のパフォーマンスが低下したり、バッテリーが不必要に消耗することはありません。

……中略……

App の中には、短い間、動作し続けた後、一時停止状態になるものがあります。これらの App は必ずしも実行されていたり、開かれていたり、システムリソースを消費しているわけではなく、App に戻るときにすばやく起動します。

iOS:マルチタスク機能を理解する

iOS7がリリースされた際に私が躍起になって書いた以下の記事が、虚しく感じてきます。

何はともあれ、「iPhoneのマルチタスクを終了させる必要は全くない!」という事実は、今後のiPhoneライフに非常に役に立ちます。なんせ、面倒臭かった作業が不要になるのですから。

あとがき

確かに、直近に起動したアプリ5個ぐらいは再度開いても読み込まずに起動できるのに、6個ぐらい前に開いたアプリを起動すると読み込みが発生していました。

つまり、ある一定量のアプリ(消費メモリかな?)が規定値を超えると、自動的に中のシステムがアプリを終了させているみたいです。

さすがApple。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です