iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

お手元のイヤホンをBluetooth対応のワイヤレス化させる衝撃アイテム

この記事のURLとタイトルをコピーする

headphone-wireless-change

あなたが愛用している有線のイヤホンやヘッドホン。たった1,599円で、これを簡単にBluetooth接続が可能なワイヤレスイヤホンする方法があります。

それが「AUKEY Bluetoothレシーバー BR-C13 」。

headphone-wireless-change_1

こいつにイヤホンジャックを挿すだけで、iPhoneなどのスマートフォンや、PCとBluetooth接続が可能に!わずらわしかったイヤホンコードの束縛から解放されるときがやってきましたよ。

思った以上に小型で驚く!AUKEY Bluetoothレシーバー

今回の主役がこれ。AUKEY社の Bluetoothレシーバー BR-C13です。

headphone-wireless-change_3

冒頭お話しした通り、この小さなデバイスはPCやスマホとBluetooth接続ができます。このデバイスにイヤホンジャックを挿すことで、イヤホンをBluetooth接続可能なワイヤレスイヤホンに変換してくれるのです。

開封したときに驚いたのが、その小ささです。手の中にすっぽりと収まってしまうほど小さい。500円玉と比べるとこんな感じ。

headphone-wireless-change_4

加えて非常に軽い。本体の重さは 16g しかありません。「本当に中身入ってるの?スッカスカなんじゃないか?」と心配になるほどの軽さです。

クリップも付いていますので、襟や袖にくっつけて持ち運べます。この軽さだからこそ、鬱陶しさを感じさせません。

headphone-wireless-change_5

性能はGood!接続が途切れることはない

性能について不満は一切ありません。PCやスマホに繋いで、動画を視聴してみたり、音楽を聴いてみたりしましたが、途中で途切れることもなく、快適に使っていられました。

正直、自分の耳はあてにならないと思っていますが、音質的な面での不満もありません。優先で聴いているときの品質と比べて、特に差があるようには感じませんでした。

ボタンも多めで細かい操作も可能!通話もオーディオ操作もOK

操作できるボタンが多く、使える機能が豊富なのも、予想外に嬉しかったポイントです。

このレシーバーのボタンから、スマートフォンについて以下の操作を行えます。いちいちスマホを操作をする必要がなく、外出先の強い味方です。

通話を応答/終了する マルチボタンを1回押す
着信を拒否する マルチボタンを約2秒押し続ける
最後の番号をリダイヤルする マルチボタンを2回押す
通話をミュート/再開する 通話中、音量 +/- ボタンを同時に短く押す
通話を切り替える マルチボタンを2回押すと、レシーバーとスマホでの通話を切り替える
既存の通話を保持して、着信を応答する 音量 -ボタンを2回押す
既存の通話を保持して、着信を拒否する 音量 -ボタンを押し続ける
一時停止/再生 マルチボタンを1回押す
音量を調整する 音量 +/- ボタンを短く押す
曲送り/曲戻り 音量 +/- ボタンを押し続ける

バッテリーの持ちも良い!連続再生10時間

内蔵しているバッテリーの持ちも良く、「頻繁に充電するのが面倒くさくて長続きしなかった」という失敗がありません。

連続動作は最大10時間で、しかも充電しながら使うことも可能です。

意外と便利な2台接続!PCとスマホ両方で使える

意外と便利なのが2台同時接続です。スマホとPCの両方と同時に接続することが可能です。

たとえば自分のデスクでパソコンのYoutubeを視聴している途中で着信があったとします。この場合、耳にしているイヤホンからそのまま着信を受けられるわけです。

執筆後記

これ一つで音楽環境が快適になりました!もっと早く買っておけばよかったと思うほど。

これを使えば、iPhoneを充電しながら、iPhoneのオーディオを聴くことができますよ。ぜひお試しあれ。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする