iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Google「Risizer」がレスポンシブのブラウザチェックに役立つ

この記事のURLとタイトルをコピーする

URLを入力するだけで、様々なデバイスでの表示確認ができます。

今までも様々なリサイザーサービスがありましたが、デザイン的には一番好みかなと。使いやすさも抜群です。

Google公式の表示確認ツール「Resizer」

Googleが新たにリリースしたサービス「Resizer」は、スマートフォン・タブレット・PC各種でのWebページの見え方を一覧できるサービス。

URLを入力するだけで各種デバイスでの表示確認がサクッとできてしまいます。

Google resizer 1

表示された画面の中では操作も可能。スクロールもできますし、クリックしてページ遷移することも可能です。アコーディオンなどの動きも確認OK。

google-resizer_2

右上のアイコンをクリックすれば、PC・スマートフォン(タブレット)に絞って表示確認ができます。

Google resizer 3

画面上のナビゲーションからウインドウサイズを変更することも可能です。各種数字がウインドウサイズを表しています。

google-resizer_4

表示確認がはかどる!

一覧でパパっと見られるのはいいですね。ちょっとそれぞれの画面が小さいのですが、どんな感じで見えているのかザーッと確認するのにはちょうど良いです。

ベーシック認証がかかっているWebページでもOK。一度ベーシック認証をクリアしてしまえば、あとは普通に表示確認できます。これも制作会社からしたら嬉しいことです。

シンプルで動きも軽快。非常に使いやすいツールだと思います。

▼合わせて読みたい参考リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です