iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

極細ペン史上最強なめらか!小さい手帳に小さい文字を書くならJuice Up

この記事のURLとタイトルをコピーする

gekiboso-pen-ha-juice-up

細かい字を書くために、0.4mmや0.3mmのボールペン・ゲルインクペンを利用することは、よくある話です。

ではどのメーカーの何のペンを使っていますか?もし私が友人に「おすすめの一品はなに?」と聞かれたら、10回聞かれたら10回同じ答えを返します。

それがパイロットの「Juice Up」です。

Juice Upが最高な理由

gekiboso-pen-ha-juice-up_1

「Juice Up」はパイロット社が発売しているゲルインクペン。その特徴は「劇細 × なめらか」を実現した点にあります。

「激細」を謳っているインクにありがちなトラブルとして、書き味の悪さが挙げられます。インクの出が悪く、書き始めが掠れたり、紙に引っかかる感覚があって気持ち悪い。そんな話はよく聞きます。

そんな問題を解消して、「気持ちのいい滑らかな書き味を実現した激細ペン」それがJuice Upなのです。

gekiboso-pen-ha-juice-up_2

いままで細めのペンって好きじゃなかったんです。正直な話、今でも好きじゃないです。太いペンの方が好きなもんで。

でもね、このペンだけは唯一許せるというか。使ってもいいかな、手帳のお供にしてもいいかなって思えたペンなのです。

Juice Upのペン先のヒミツ

Juice Upのペン先は、0.4mmと0.3mmの二種類から選べます。実際の書き味はぜひ店頭で試し書きをしてもらいたいのですが、0.3mmという超極細のペン先であっても、紙を傷つけるような感覚は一切なく、ぬるぬるとした非常に気持ちのいい書き味を実現しています。

gekiboso-pen-ha-juice-up_3

極細の秘密は、いわゆる「ニードル型」のペン先にあります。ニードル型って、「力を入れると折れちゃいそう」なんて思われがちですが、そんなことは決してなく。筆圧高めに強く書いても問題ありません。

gekiboso-pen-ha-juice-up_4

私は来年の手帳として「ほぼ日手帳Weeks」を使います。

ほぼ日手帳Weeksって、週間型のコンパクトな手帳なので、書き込めるスペースが限られています。それでも目一杯いろんなことを書いていきたい——。そういうときには、このJuice Upが最適なペンになります。

gekiboso-pen-ha-juice-up_5

正直、細字のペンを探しているなら、このペン以外の選択肢は不要です。言い過ぎに聞こえるかもしれませんが、それだけのクオリティを誇っていますよ、このペンは。

カラーバリエーションも豊富で嬉しい

Juice Upのもう一つの魅力。それはカラーバリエーションの豊富さです。Juice Upには大きく分けて3つのカラーバリエーションがあります。

gekiboso-pen-ha-juice-up_6

「パステルカラー」は、ちょっと淡くてポップな色合いが特徴。メインで使うというよりも、ちょっとした文字装飾やデザイン、賑やかしに最適です。

「メタリックカラー」は、キラキラ輝くインクが特徴。これを使うための「紙が真っ黒なノート」も発売されていて、ちょっと変わった使い方ができます。

普通のタイプの「Juice Up」でも、カラーは10種類もあります。しかも「ブルーブラック」というカラーがあり、万年筆好きには嬉しいカラーが揃っています。


来年の手帳の相棒に困っていた方は、ぜひこちらを検討してみてください!どんな手帳とでも、ベストパートナーとなれると思いますよ。

ちなみに私が使用している手帳と、手帳にくっつけていたペンホルダーは以下のものです。興味がある方は合わせてどうぞ。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする