iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

FaceIDで認証したくねぇって時はとっさに目を逸らすと効果的!あとは変顔でもしとけ

この記事のURLとタイトルをコピーする
faceid-kaihi-houho

最新のiPhoneでは指紋認証(Touch ID)から顔認証(Face ID)へと切り替わり、画面に顔を合わせれば認証がパスされるようになりました。

AppStore で有料のアプリを購入したり、電子マネー決済をするなど、いくつかの重要な決定をする際には、自分の顔を iPhone の画面にかざすだけで本人確認が完了します。

しかしそのお手軽さから、自分の意図していないタイミングで認証をパスさせてしまう可能性も。「電源ボタンのダブルクリック」があるとは言え、最終決定が顔を合わせるだけですので、思わず「———あっ!」ってタイミングで認証がパスされてしまうこともあります。

faceid-kaihi-houho_1

そんなときに反射的に顔を背けたくなりますが、実は【目線を外すだけ】でも効果的です。

Face ID の認証には「注視」が必要

iPhone の「Face ID(顔認証)」は個々人の顔を読み取ることで本人確認をする機能です。その精度は優秀で、「髪が伸びた」「髭が生えた」「ちょっと化粧をした」「メガネ・サングラスを掛けた」ぐらいではエラーになりません。

そして Face ID について知っておくべき重要なポイントは「目線が画面に向いているか否か」も、認証するための要因になるという点。これを「注視」と言っています。

たとえば、寝ている人の顔に Face ID を当てても認証はパスできませんし、よそ見をしているタイミングではロックは解除されません。悪用できないように上手くできているんですね。

したがって、「やっべ!いま認証を解除したくない!」って思ったら、とっさに画面から目を逸らせばOK。顔をそむけずとも、目線を外すだけでも、認証解除を回避することはできるんです。

「注視」するかどうかは設定で変更可能

「認証を解除するために、注視する必要がある」という設定は、変更が可能です。つまり「注視しなくても認証を解除できる」ように設定することも可能。セキュリティ上あまり好ましくありませんが、できることはできます。

iPhone の設定アプリを開いて「Face ID とパスコード」を選択し、その中にある「注視:Face ID を使用するには注視が必要」の項目をオン/オフにすれば、設定を変更できます。

faceid-kaihi-houho_2

「特定のアプリだけ Face ID での認証を許可しない」といった細かい設定も可能です。もし心配なら、決済に関するアプリ「iTunes Store」「App Store」「Apple Pay」などに限定して Face ID を使用しないのも良いかもしれませんね。

faceid-kaihi-houho_3

まとめ

Face ID での認証を拒否したいときは、目線を外せばOK

「注視」の必要性の有無は設定から変更可能

極端な変顔でも Face ID の認証を解除できる

顔の形を著しく変形させる「変顔」も Face ID でエラーを起こしますので、「やべぇ!」と思ったら咄嗟に変顔をするのも効果的ですよ。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする