iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Evernoteに興味があってこれから始めたい人にやさしい事例と使い方

この記事のURLとタイトルをコピーする

Evernote を興味はあって、かなり昔にアカウントは作ってある。でも、自分にとって最適な使い方が見つからず、結局放置し続けてきた。

そんな方が職場にいて、いやでもこういう人は珍しくないんだろうなぁとふと思ったんです。

で、それでもやっぱり便利だから「私はこういう感じで Evernote 使ってるんですよー!こういう使い方もできるんですよー」って話をしたんです。そうしたら、昔の興味関心が少し戻ったみたいで「昔のアカウント引っ張り出してみよう!」と意気込んでくれました。

Evernote の最初の一歩、結局なにをしていいのかわからないって人は多いんだと思います。

なのでそんな方のために、Evernote を使い始める取っ掛かりとして良さそうな使い方をいくつか考えてみました。

編集とか整理整頓なんて必要なくて、とりあえずノートを作って突っ込んでおくだけで機能するような、そんなお手軽なノートブックです。

事例の前に:何をやるべきか?

Evernote のアカウントを発行して、次のアクションは何か。それは「ノートブック」を作り、その中に「ノート」を作ることです。

Evernote は、ルーズリーフみたいなものとイメージしたらわかりやすいです。学生のときに使った、ファイルと紙のノートが別になっている、アレです。

Evernote も基本的には同じで、「ノートブック」というファイルを作って、そこにリフィルである「ノート」をどんどん保存していく。これが基本の使い方。

じゃあどんなノートブックを作ったらいいの?そういう時は、身の周りでノートにまとめているものを参考にするといいでしょう。

例えば、こんなノートブックです。

名刺入れ

Evernoteに興味があってこれから始めたい人にやさしい事例と使い方 7

まず最初にオススメしたのが「名刺ノートブック」。非常にお手軽なものです。

名刺を iPhone のカメラで撮影。それをひとつのノートブックにまとめて完了。私は名刺の他に、メールについてきた署名をコピペしたりします。

あとから検索しやすいように、ひとつひとつのノートのタイトルに会社名と氏名ぐらいつけておくといいでしょう。

一応、専用のアプリもありますので、それを使うとより効率がいいです。紙の四隅を自動検知して、トリミングしてくれますし、紙の中の情報をテキスト情報として自動的に書き出してくれる優れもの。

Evernote Scannable

Evernote Scannable

Evernote仕事効率化, ビジネス無料(掲載時点)詳細・ダウンロード

スクラップノート

Evernoteに興味があってこれから始めたい人にやさしい事例と使い方 1

お気に入りの画像や写真、気になった雑誌など、自分の好きなモノをまとめていくノートブック。

ウェブで見つけてきたお気に入りの画像をまとめておくと、ひとりでニヤニヤできます。私は密かに猫や狐の可愛い画像を集めています。サムネイルで一覧にすると超癒される。

Evernote を使い始める取っ掛かりとして良さそうな使い方 08

雑誌や書籍、街中で気になった看板やポップなど、リアルなものを集めるのも楽しいです。

先ほど紹介したアプリ「scannable」であれば、撮影した写真の好きな箇所だけを切り出して、雑誌の気になったスクラップだけを抜粋して残せます。

また、写真を最速で Evernote に保存するなら「Fastever snap」もオススメ。

FastEver Snap

FastEver Snap

rakko entertainment仕事効率化, 写真/ビデオ¥240(掲載時点)詳細・ダウンロード

まぁ、そんなものがなくても、Evernote の純正アプリでも充分に事は足りますけどね。

写真集

Evernoteに興味があってこれから始めたい人にやさしい事例と使い方 5

スクラップノートに似ていますが、写真集も楽しいです。

私には、生まれて4ヶ月の娘がいます。毎日の変化が楽しくて、ついつい写真を撮りまくってしまう。その数、4ヶ月にして 2,000 枚を超えました。

でも、そのすべてを Evernote に保存するわけではありません。中でもお気に入りの写真だけを抜粋して「娘ノートブック」に入れていくんです。

リアルの世界で作るアルバムもそうでしょう?すべての写真ではなく、アルバムにまとめるための写真をピックアップして、アルバムは作ると思います。

それと同じ感覚で OK ですよ♪

日記帳

Evernoteに興味があってこれから始めたい人にやさしい事例と使い方 6

その日の出来事をまとめる「日記帳ノートブック」を作ってみると、意外と楽しいです。

でも、リアルの日記帳と違う点がひとつだけあります。それは「一日一回でなくても OK 」という点。

普通日記といえば、一日の最後にその日を総括するような感想をつけるものだと思われるでしょう。

ですが、Evernote でつける日記は、その限りではありません。好きな時に好きなことを保存すればよくて、一日に何回書いてもいいんです。

というのも、読み返すときは「日付」を限定して検索できるので、一日一回である必要がないんです。例えば「2015年1月1日の日記が読みたい」ときも一瞬で引き出すことができます。

Evernote の日記であれば、写真もムービーも思うがままにノートに貼り付けられますし、結構楽しんで続けられますよ。

レシートファイル

Evernoteに興味があってこれから始めたい人にやさしい事例と使い方 2

ある友人の家では、レシートをひとまとめにファイルしていました。家計簿としてまとめるときに役立てるんだそうです。

そういうものも、ぜひとも Evernote に保存しちゃえばいいと思います。「レシート」というノートブックを作って、そこにレシートの写真をポイポイ放り込むんです。

これなら家の棚を占拠しなくて済みますし、「○月×日に発行されたレシートをすぐに取り出せる」というメリットも付いてきます。

契約書ファイル

Evernoteに興味があってこれから始めたい人にやさしい事例と使い方 4

契約書などの大事な書類は、捨てられないクセにかさばって邪魔くさく、普段は使わないクセに意外と重要な場面で内容を確認したくなります。

なので私は、原本はひとまとめにしてタンスの奥底にしまっておき、書類自体はスキャンして Evernote に保存しています。

私は、イベント毎にノートブックを分けています。例えば「2015年引越し」というノートブックの中には、「引越し先の物件の見取り図」「ゴミ出しの予定表」「契約書各種」など、そのイベンに関する書類をひとまとめにしています。

レシピ本

Evernoteに興味があってこれから始めたい人にやさしい事例と使い方 3

主婦の方の多くは、実は「お気に入りのレシピ集」や「自分が作った料理の記録」を持っているみたいですね。

そういったものを紙に書いて楽しむのもひとつですが、Evenrote に保存してしまうのも良いと思います。

完成した料理の写真・食べた家族のコメント・クックパッドで見た次に作りたいレシピ etc 。いつも紙のノートにまとめていたものを、Evernote の方にメモしていってもいいかと思います。

最初の取っ掛かりは、リアルでノートにまとめていた物

さて、ここまで例題として挙げてきたものは、あくまで例。あなたの実生活に役立てるかどうかはわかりません。

そこで、Evernote を始める最初の一歩として、ひとつだけアドバイスをするなら……

リアルでノートにまとめていたものは、Evernote でも大概イケる

ということをお話ししておきましょう。

今まで挙げてきた例は、「今まで紙でまとめていたものを Evernote に変えてみましょう」というものです。

まず最初は、これが良い。なぜなら、一番イメージがつきやすいからです。

Evernote を使いはじめる人のほとんどが「何を保存したらいいのかわからない」という壁にぶつかります。その壁の原因はたぶん、Evernote が何か特別な高性能サービスだという勘違いなのでしょう。

Evernote はただのメモ帳です。保存する箱であり、ファイルであり、ノートブックです。

あなたの身の回りを見渡してみましょう。今まで紙のノート・ファイルにまとめていたものがあるなら、それをまず Evernote に移し替えてみるといいと思います。

あとがき

Evernote の使い方のイメージが沸かないのは、ネットとリアルを完全に分離してしまっているから。ネットの分野にはリアルにない何か特別な役割が必要だと思っちゃうのが原因なんだと思います。

でも、リアルもネットも大して変わりはありません。というか、リアルのものをネットに置き換えてみると、急に身近に感じられるようになります。

ぜひ試してみてください♪それでは、今日はこのあたりで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする
    Comment (1)
    1. おおくらちあき より:

      evernoteがなんたるかがよくわからなかったわたしに、そのがいねん?のようなもの、感覚的にどういうものかを教えてくれる記事でした。evernoteについて知りたかったことがよくわかりました。
      どうもありがとうございます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です