iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

夢を落とした人が、夢が叶う素晴らしさを思い出せる素晴らしい動画

この記事のURLとタイトルをコピーする

「あの、すみませぬ。これはもしかして、あなたの “落し物” ではありませんか?先ほど、あなたが歩いていた道に落ちていたのです。」

人は皆、等しく、一度は落とす “落し物” があります。

後ろを振返り悔やむ人、落としたことに気づかない人、気がついても見て見ぬ振りをする人、拾い上げる人、拾い上げても他の人に託す人。その “落し物” をどうするかは、人によって様々なようです。

ある一人の男性も、そんな “落し物” をした人の一人。しかし彼は、他の人と少し違いました。

その男は、後ろから突然に肩を叩かれました。振り向いた先の老人の手には、昔自分が落とした “落し物” が握られています。そして、老人は続けてこう言いました。

『この “落し物”、私にはとんと何なのか分かりませぬ。触ってみても、叩いてみても、匂いを嗅いでみても、私には何のことやらさっぱりなのです。もしよろしければ、これが何かお聞かせ頂けないか。』

男は老人に告げます。「これは、私が落とした夢の欠片です。いやはや、またこんなものを目にする日が来るなんて、思ってもみませんでした。ですが、それは落としたのではなく、捨てたのです。ですから、それは元あった所に戻しておいて下さい。」

『さようでしたか。それは差し出がましいことをしてしまった。ではどうだろう。差し出がましさついでに、もう1つ聞かせてくれないか。

この夢の欠片は、もう夢ではないのですかな?もしよければ、私にこの夢、叶えさせてやくれまいか』

男は困惑の表情を浮かべるも、その瞳には若き日の輝きが蘇っていました。


この話が嘘か真かは知りませんが、同じ境遇に出会った男性が一人。彼の名前は、石田和大さんと仰ります。とうの昔に無くした夢を、もう一度拾うキッカケを得られた稀有な人。

この動画は、夢を忘れた人が、夢が叶う素晴らしさを思い出せる素晴らしい動画。夢が叶った時の喜びを、目で見て感じられる動画です。

人は皆、等しく機会はあります。ですが、後に訪れる幸福よりも、今の苦しみ、考えられる挫折に、心半ばで歩みを止めてしまう。

この動画を見ることで、夢が叶う素晴らしさと感動を知り、今まで歩いてきた道を振返り、落としてしまった “落し物” を拾うキッカケになれば幸いです。

諦めかけた夢が叶う動画

▼感動のメイキング▼

▼出来上がった本編▼

それでは、今日はこのあたりで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です