iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

仏教から学ぶ貪欲との付き合い方と、麻婆豆腐ランチセット大盛り

この記事のURLとタイトルをコピーする
donyoku-to-mabodofu

ぼくは無宗教だけど、仏教やキリスト教の教えは、たまに聞くと、心のなかにある鐘みたいなものをゴ〜ンと打ち付けてくる。

宗教のなんたるかをすべて知らなくても、かいつまんで話を聞くだけで、じぶんの心が洗われたような気持ちになるもんだ。

つい先日、厄払いのために訪れた川崎大師で、とても心に響いた説教をいただいた。

仏教と聞けば「無欲が大事」と思われるだろうが、実はそんなことはないという。

欲というのは、人にとって大切な気持ち。なにかを欲するからこそ、そのためにがんばれる。いわば欲は心の潤滑油なんだそうだ。

欲にもいろいろあるけど、仏教において良くないとする欲はなにか。それは「貪欲」であると。つまり「過ぎる」のがよくないのだ。

あれも欲しい。もっと欲しい。そういう気持ちが人の迷いの根っこになるため、しつこく求めすぎないことが大切なんだそうだ。

そういえばぼくにも、過ぎた欲がもとで痛い目をみた覚えがある。

なんでも「過ぎる」のは良くない

このあいだ、あれはとてもお腹が空いていた平日の14時頃だ。長かった打ち合わせが終わって、ようやくお昼ごはんにありつけるとあって、せっかくだから好物にありつこうと思いたった。

とくべつに高級なお店じゃない。ふつうの中華料理屋なんだけど、そこの麻婆豆腐がぼくは好きだった。

いつもは単品を食べれば満足できるところを、お腹が空いていたぼくはランチのセットを頼んだ。それでもなんだか足りないような気がして、気がつけば「大盛りで」と言葉が出てしまっていた。

運ばれてきた料理。テーブルに敷き詰められた料理を見渡しても、なお、なんだか物足りないようなさびしい気持ちを感じる。腹が減っているときとは、たいていそういうものだ。

熱々の麻婆豆腐をレンゲにのせ、湯気が引くのを待たずに、ほおばる。おいしい。なんておいしいんだ。いつもよりおいしく感じてしまう!

ひとくち。さらにひとくち。はぁ〜なんとぼくは幸せなんだろうか。口に入れるたびに、喉を通過するたびに、ぼくのなかの幸福度メーターがぐんぐんと伸びていくのが感じとれた。

こんな幸せな瞬間がいつまでもつづけばいいのに。

しかし、10回ぐらい口に運んだあたりから、幸福度メーターの伸び方がゆるやかになった。でも美味しい。空いているお腹は徐々に満たされているが、満腹まではほど遠い。早くこのお腹を満たしてしまいたいと望んでいた。

レンゲをさらに口へ運んでいく。ふぅ。。。結構お腹がいっぱいになってきた。しかし料理は残っているのだから、手を止めることなく食べつづける。おいしかったはずの料理は、徐々にお腹を満たすための作業になりつつあった。

そして、あとほんの少しで完食というところでは、もう気分はフードファイターである。

お腹もいっぱいで、腹回りが苦しい。残すわけにはいかないものだから、必死で食べつづける。ベルトの穴もひとつ広げて、考えられる対策はぜんぶやった。

最初はあれだけ美味しいと感じていた料理も、終わってみれば、自然とこぼれてしまう「うぅ。。。たべすぎた」の一言。

あれほど幸せに満たされていたのに、15分後にはどこかへ飛んでいってしまった。心に残っているのは幸福感などではなく、頼みすぎたことへの後悔だけでいっぱいであった。

Amazonで、Kindle本が96円で買える大セール中です!期間は11月24日23時59分まで、対象は1万冊以上です。

これは、Amazonで11月22日から始まる「Black Fridayブラックフライデー」の前哨戦!

Black Fridayブラックフライデーでは、色が黒い商品や、商品名に「黒」「クロ」「ブラック(Black)」が入っている商品が、特別価格で買えます!こちらもお見逃しなく!

ad_bnr_01

コツは謙虚に60%〜80%狙い

形は違っていても、ほとんどの人が、いちどはこういう経験をするのではないかと予想する。「過ぎた欲」が身を滅ぼした例である。

「過ぎたるは及ばざるが如し」とはよく言ったものだ。「及ばない」のである。

「ここまでが限界!ここまでがピーク」って境界線を見誤ってしまうと、それまで積み重ねてきた「幸福度」みたいなものが、維持されればまだいいんだけど、途端に減ってしまうのだ。

donyoku-to-mabodofu_1

だから自分の欲と向き合って「まーこれぐらいあれば充分かな」って思える量を見極めることが大事である。

さて、これがとてもむずかしい。何百回、何千回と繰り返してきた「食事」でさえ、自分の欲を見誤って「食べ過ぎる」ことがあるのだ。

これを「あれも欲しい、これも欲しい」と突然に思い立った欲と対面したとき、ぼくはちゃんと正常な気持ちで判断できるだろうか。とても自信がないのだ。

だからひとつコツとして、その「幸福度のピーク」を超えないような采配をするために、ぼくが気をつけていることは、「ちょっと少なめに見積る」だ。

donyoku-to-mabodofu_2

「幸福度」の最高点を目指してコントロールすれば、失敗する可能性も高い。失敗したときに失うものも多い。

だから、ピークのちょっと手前を狙う。「これぐらいあったら満足満足♪」ではなく、「まーこれぐらいあれば充分かな」を狙うのだ。

ふむ。言い換えれば、これが「謙虚」とか「質素」とか、そういう求めすぎない心につながるのかもしれない。

いずれにしても、ぼくはもう麻婆豆腐をランチセットでは頼まないし、大盛りにもしないのである。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする