iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneでコピー履歴を通知センターから再利用できる無料アプリが便利すぎ

この記事のURLとタイトルをコピーする

IPhoneでコピー履歴を通知センターから再利用できる無料アプリ Copyfeed

「おいお前、何をサボっているんだ!さっさとiPhoneを持って “コピーしてはペーストを繰り返す作業” に戻るんだよっ!」

もしあなたがこういう仕事を生業としているなら、良いアプリがありますよ。このアプリを使えば、上司にバレずに、ちょっと楽ができちゃいます。

これを使うと、コピー & コピー & コピー……を繰り返し、そして最後にペースト & ペースト & ペースト……という作業フローに変えられるんです。

iPhoneでコピー履歴を再利用できるCopyfeed

iPhoneの無料アプリに「Copyfeed」という物があります。これが本当に便利で、なんならiPhoneのデフォルト機能にしてもらいたいぐらいの逸品です。

Copyfeed - organize everything you copy with a widget Copyfeed – organize everything you copy with a widget
価格: 無料 (掲載当時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
詳細・ダウンロード >

このアプリを使用すると、iPhoneでコピーした内容を保存することができ、そしてその内容を通知センターから再利用する事ができます。

iPhoneでは今まで、3つの内容をコピペしたい時は、「コピー→ペースト」を3回繰り返していました。
しかしこのアプリを使えば、「コピー」を3回行った後に、「ペースト」を3回行えるようになるんです。(※実際には、コピーした後に通知センターを表示させる必要があります)

こんな風に、テキストをコピーします。

IPhoneでコピー履歴を通知センターから再利用できる無料アプリ Copyfeed 01

そして、コピーします。

IPhoneでコピー履歴を通知センターから再利用できる無料アプリ Copyfeed 02

さらに、コピーします。

IPhoneでコピー履歴を通知センターから再利用できる無料アプリ Copyfeed 03

で、通知センターを開くと、今までコピーした内容が履歴として残っていて、あとはこれをタップするだけでペーストが出来てしまうんです。

IPhoneでコピー履歴を通知センターから再利用できる無料アプリ Copyfeed 04

具体的な使い方

まず、アプリをインストールしたら、アプリを起動して左上の「setting」から設定を開きます。

IPhoneでコピー履歴を通知センターから再利用できる無料アプリ Copyfeed 05

そして、「Widget Auto-Imports Clipboard」をオンにします。

IPhoneでコピー履歴を通知センターから再利用できる無料アプリ Copyfeed 06

これで前準備はOKです。

1個だけ注意がありまして。実は、テキストなどをコピーしただけでは Copyfeed に保存されないんです。

コピーした内容を保存したい場合は、その都度通知センターを起動する必要があります。通知センターを起動するだけで自動的に保存はされるので、そんなに大きな手間ではありませんが、「コピーした内容が自動的に保存される」というわけではないのでご注意を。

あとがき

コピーした内容を一時的に保存しておく場所を「クリップボード」と言います。目にすることはできないんですけどね。

今回のアプリは、このクリップボードを拡張するアプリ。

ちなみに有料のアドオンがあって、それを購入すると、広告が消え、画像のコピー・保存もできるようになりますよ。

Copyfeed - organize everything you copy with a widget Copyfeed – organize everything you copy with a widget
価格: 無料 (掲載当時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
詳細・ダウンロード >
この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です