iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

【Mac】ウインドウの四隅を触れずに可変させる便利技【BTT活用】

この記事のURLとタイトルをコピーする
btt-window-resize

Macでウインドウサイズを調整したいときは、ウインドウの隅にカーソルを合わせてドラッグするのが一般的だ。

しかしウインドウの隅にカーソルを合わせるのは結構大変である。カーソルを移動させるのも面倒だし、判定も意外とシビアだ。

そこでオススメなのが「BetterTouchTool」を活用した「optionキーを押している間は、ウインドウのどこにカーソルを合わせていても、ウインドウサイズを変更できる」って設定だ。

BetterTouchToolとは

BetterTouchToolは、Macの設定を自分好みに自由にカスタマイズできるアプリ。キーボードショートカットやトラックパッド、マジックマウスの設定を変えたり、Macに新しい機能を付与したりできる。

ダウンロードはこちら;folivora.ai – Great Tools for your Mac!

ウインドウサイズを可変させる方法

BetterTouchToolの設定画面はすべて英語なためわかりにくいが、知れば便利な機能が山ほどつまっている。今回紹介する機能も、縁の下の力持ち的な機能だ。

今回の設定をすると、optionを押しっぱなしにしながらカーソルを移動させると、ウインドウサイズが可変するようになる。

もちろんoptionキーを押さなければ機能しない。押しているときだけ有効になる機能なのである。

設定方法

BetterTouchToolの設定画面を開き、画面上の「Advanced Settings」を選択。タブで「Moving & Resizing」を選ぶ。

「Resize windows」の項目にチェックを入れれば完了だ。ぼくは「⌥ (opt)」が使いやすいと思っているが、他のキーをトリガーにすることもできる。

btt-window-resize_1

ウインドウを動かす設定のおすすめ

同じ設定画面の中に「Move windows」という項目あり、これも非常に便利だ。一緒に設定しておくことをおすすめする。

btt-window-resize_2

この設定をしておくと、そのキーを押している間は、カーソルの動きにあわせてウインドウも移動するようになる。トリガーとなるキーは好きに選んで良い。ぼくは「control」キーに設定している。

まとめ

bamka

BetterTouchToolには便利な機能がたくさんある。使いこなせればMacの作業効率が2倍、3倍にもなるだろう。ぜひ自分でもいろいろ設定をいじってみよう。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする