iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

私がブログを止めたくなる時は来るのだろうか否きっと来ないだろう

この記事のURLとタイトルをコピーする

ここ最近、ブログ界隈で話題沸騰中の記事が1つ。

この記事には多くの反響があったようです。応援する声がある中で、冷静に反対意見を述べる人もいたことでしょう。また、心ない言葉を投げつけてくる人も多くいた事も、想像に難くありません。

そして、記事がリリースされて二晩明けた頃、以下の記事がアップされていました。

どういう心境の変化があったのか、記事を読むだけではなかなか感じ取る事ができません。ご本人曰く止めた理由は簡潔明瞭であり、一言で言うならば、こういう事らしいのです。

理由は簡単です。急にブログを書くことが楽しくなくなってしまいました。

さて。私だったらブログを止めるだろうか。

私がブログを止めたくなる時は来るのだろうか否きっと来ないだろう

ブログが楽しくない瞬間なんていっぱいある

私も結論からお話ししましょう。ブログをやることで得られる明確なメリットを感じている今、どんなに辛く厳しい局面にいたとしても、私はブログを止めない。

そもそもね。楽しいことばかりでは生きていけないんですよ。みんな歯を食いしばって生きていて、色んな物を我慢している中で、それでもたった1つか2つの物を手に入れたいから踏ん張るんです。

「仕事楽しいですか?」そう聞いて、胸を張って「楽しい」と言える人は、そう多くはないと思います。

でも、「仕事を楽しいと思えた瞬間はありますか?」と聞けば、きっと色んなストーリーを聞くことができるでしょう。

好きだと思える瞬間のために・・・

私だって、「人気記事」と言える記事を書いた経験があります。それに応じて、多くの批判や避難の声を頂いた経験があるのも事実です。

でも、なんででしょうね。私は “止めよう” なんて思ったことは一片たりともありませんでした。

サーバーの移転に失敗して、今まで書いた記事のほとんどが消えかかった時、投げ出したくはなりました。でも、新しく0スタートを切った。

書けども書けどもアクセスが伸びない。もう書いても意味ないんじゃないかなんて思えた日もありました。でも、めげずに書き続けてきた。

心が折れそうな時なんて数え切れないほどあった。でも、左の膝が折れても、右足一本で踏ん張って来たんです。

何故……。

冒頭でお話しした通り。ブログを書くことで得られるメリットを、必ず感じているからです。

好きだ嫌いだなんて、そんな感情だけでは物事続けられませんよ。結婚だってそうじゃないですか。「この人が大好きだ―」なんて感情だけで、余生60年を共にできるもんじゃありませんよ。

「こうすることが、自分にとって絶対にGood!Great!」と信じていられるから、苦しい時も苦虫噛み締めながら歩けるんです。

「好きなこと」では食っていけない

また、違う考えもあるでしょう。例えば「シゴタノ!」の大橋さんは、最近以下の記事をリリースしていました。

その中の一文で、こんなものがあります。

2000年3月31日に4年間のサラリーマン生活をやめて、その後の14年間をそれなりに「自由に」生きてきていますが、曲がりなりにも何とか食べてこられたのは、「好きなこと」を仕事にしていないからだと、振り返ってみて実感しています。

大橋さん曰く「『好きな事』をするために『得意な事(=結果を出せる事)』を仕事にしている」とのこと。確かに、それは私にも言える気がしています。

私は以前、商社の営業をしていました。その仕事をしながらプライベートでブログを展開し、そして結果を出しました。

ブログを書くことは好きです。正確には、ブログが好きだと感じられる瞬間を知っています。

多くの人の助けになれ、そして「ありがとう」と言われることに、大きな快感を得ています。また、ブログというメディアを通して多くのご縁を結べたことに、非常に感謝しています。

それでも私は、商社を止めてブログで飯を食おうとはなりませんでした。そして今は転職に成功し、ウェブディレクターとして活動しています。

それは私の気づきです。「ブログを成功させる事ができた」=「メディアを考えたり作ったりするのは、割りと得意なんではないか?加えて、ITへの興味は尽きない。ならば、これを企業相手に展開できるんじゃないか?」そういう気づきです。

得意だと思えることならお金を稼ぐことができる。だから私は、ウェブディレクターとして活動している。当時の私がそこまで考えられていたかと言えば、決してそうではありません。ですが、今だったらそう思えるんです。

そして、自分の好きな事である「ブログ」と、大切な「家族」と「生活」を守るため、私は仕事をしているんです。

そういう風に考えることもできると、大橋さんの記事を読んで気づきました。

ブログで飯を食うというなら

ブログで飯を食おうと言うなら、それすなわち「ブログを使ってお金を稼ぐ」という事です。

それを本気で考えるなら、ちゃんとお金を稼げる仕組みを考えるべきです。そこで考えついた結果が「PV稼いで広告収入を増やす」なんて陳腐なアンサーだとしたら、そんなものはマネタイズとは言わない。

私の周りにも、いわゆるブログで飯を食っている「プロブロガー」の方が大勢いらっしゃいます。そういう人は、本気で考えてる。自分の大切なモノを守るため、必死になって考えて、実行してる。

金を稼ぐって、決して簡単な事じゃないし、楽して到達できるもんじゃないと思うのですよ。

あとがき

バラバラとした文章になってしまって申し訳ないです。ただ、冒頭の記事を読んでいたら言いたいことがワンサカと出てきてしまって、思った端から文章を書いてしまいました。

なんだか、残念だなぁと思うのです。ブログを続けることで、その先の可能性を広げることができる。それで飯を食う食わないなんて関係なしに、ただただ勿体無い。

周りからの雑音が原因で自分の決意が折れたなんて、私だったら悔しくてならないよ。

それでは、今日はこの辺りで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    まだデータがありません。