iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

ゲルインキの4色ボールペンで最強カスタマイズはサラサ×ハイテックで決定

この記事のURLとタイトルをコピーする

Best multi gel pen 1

ゲルインクが使える4色ボールペンを使いたくて四苦八苦した結果、ようやく自分なりに結論がでたので、文具好きのみなさんにも共有しようと思います。

結論から言いますと、

  • インクはサラサ
  • ペン軸はハイテックCコレト ルミオ/ミー

この組み合わせが最強ということです。

ゲルインクはサラサ一択で異論なし

4色ボールペンのラインナップとして展開しているゲルインクには、以下のような種類があります。

パイロット ハイテックCコレト
三菱鉛筆 スタイルフィット
ゼブラ サラサ(=プレフィール)
ぺんてる アイプラス

この中で私が一番書きやすいと感じ、断言できるものがある。それがゼブラの「サラサ」です。

サラサと言えばゼブラを代表する超絶書きやすいボールペン。ぬるぬると滑りと走りがよく、気持ちよく書けるボールペンの筆頭だと思っています。

ハイテックCコレトも長らく愛用していました。ペン先のニードルが特徴的なペンですが、少しカリカリとした感触が手に残ります。

スタイルフィットも同様で、少しカリカリ引っかかる印象。また、書き始めに少し “かすれ” が出る場合があったので、なんとなく使い心地は良くない印象でした。

私の中では比べるまでもなくサラサ一択。これ以外の選択肢はないほど気に入っています。

カラーも様々!ポップな色も揃ってます

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しい。サラサって黒・赤・青ってイメージでしたけど、ピンクやオレンジ、パープルなどの淡いポップなカラーも揃えてるんですよね。

しかしここで大きな問題が残ります。インクはとても使いやすいのに、替え芯を入れるホルダーである「ペン軸」。このデザインが超絶ダサいのです。

超絶ダサいゼブラの4色ボールペンラインナップ

ゼブラが公式で販売している、サラサインクが使える4色ボールペンは「サラサマルチ」と「プレフィール」の2つ。この両方ともが、到底大人が持つべきではないデザインをしています。

Best multi gel pen 2

これ、大人の男の人が持つべきデザインではないでしょう?プレフィールについてはキラキラしてて論外。サラサマルチも安っぽいプラスチック感に気が滅入ってしまいます。

これを使うぐらいなら、ちょっと書き味に妥協したとしても、スタイルフィットやハイテックCコレトを使用したほうが100倍マシ。そう考えてしまうのも仕方ないでしょう。

……とは言え、やはりサラサの書き味を放棄はできない。なので探しましたよ。サラサの替え芯が使える、他のメーカーのボールペン軸はないかってね。

そして見つけたのがハイテックCコレト ルミオ/ミー

そして見つけたのが「ハイテックCコレト ルミオ/ミー」です。

Best multi gel pen 3

Best multi gel pen 4

Best multi gel pen 5

Best multi gel pen 6

グッドデザイン賞を獲得した実績もあるほど、デザインも機能性も高い4色ボールペンホルダー。それが「ハイテックCコレト ルミオ/ミー」です。

私は黒を使っているのですが、テッカテカの安っぽいプラスチック性とは違い、ちょっとマットな質感のブラックがいい感じ。シックなデザインでビジネスマンが使っていても大きな違和感がありません。

また、触感や重量バランスも絶妙。加えて4色ボールペンにしては珍しいほど細い軸のホルダーで、それが本当に嬉しい。4色ボールペンっていうと極太のグリップを強要されるのですが、これはホント細くて書きやすいんです。

この「ハイテックCコレト ルミオ/ミー」。ハイテックCコレトの替え芯を使ってももちろん使いやすいのですが、サラサのゲルインクを使うことで「最強の4色ボールペン」へと昇格するのです。

リフィルを切ればサラサ替え芯が使える

「ハイテックCコレト ルミオ/ミー」に「サラサゲルインク」を使う方法。それは意外と簡単で、ハサミで長さを調整すればOKなのです。

「サラサゲルインク」は、「ハイテックCコレト」の替え芯に比べて、ちょっと長い。なので余剰分をハサミで切り落とし、長さを調整すれば使えるのです。

ではその方法をご紹介。

ハイテックCコレトの替え芯は、こんな感じでグリップとペンが一体となったデザインをしています。

Best multi gel pen 7

まずこのグリップとペンを別々にします。これは普通に引っこ抜けばOK。

Best multi gel pen 8

引っこ抜いたペンと、サラサゲルインクの長さを比べてみます。するとハイテックCコレトの方がちょっと短いことがわかります。

Best multi gel pen 9

なのでサラサの替え芯を、ハイテックCコレトの長さに合わせて、ハサミで余剰分を切り落とします。

そうしたら、先ほどハイテックCコレトで取り外したグリップ部分に、サラサゲルインクをくっつけます。先ほどとは逆に、今度はグリップに突き刺せばOK。ちょっと固いですけど、ちゃんとハマります。

Best multi gel pen 10

こうすれば「ハイテックCコレト ルミオ/ミー」に対して、サラサゲルインクを使用することができます。

加工の手間はありますが、そこまで面倒な手間でもありません。ハサミで切り落とすだけです。

ちなみに…スタイルフィットもサラサ替芯を使えます

私は「ハイテックCコレト ルミオ/ミー」が最高のペン軸だと思っていますが、それ以外にもサラサゲルインクを使えるペン軸があります。

それが「スタイルフィット」。スタイルフィットのペン軸であれば、サラサゲルインクが無加工で使えます。

5色ホルダーも使えますので、1つのペンで多くの色を使いたい人は、こっちの方が好みに合うかもしれませんね。お試しあれ。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    まだデータがありません。