iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Macのバッテリー寿命を減らさないため充電の減少や完了時にはアラートさせる

この記事のURLとタイトルをコピーする

Macのバッテリー寿命を減らさないため充電の減少や完了時にはアラートさせる

最近Macを新調しまして、MacBook Pro 15′ Retina を使っております。すこぶる快調、最高の気分です。

さて、安くはない買い物ですから、なるべく長く、大切に使っていきたいものです。

そこで重要になってくるのが、バッテリーの管理と取り扱い。無計画に充電器を挿しっぱなしにしてしまうと、バッテリーの最大許容量がドンドン減ってしまいます。

Macで使用しているリチウムイオンバッテリーは、満充電になったら充電を止めるのが正しい取り扱いなのです。

ですが、これが意外と見落とすんです。100%充電が完了しているのに、そのまま充電器を挿しっぱなしで作業を継続していることが、まぁまぁ頻繁にあります。そのせいで、前機のMacBook Airのバッテリーは結構ヘタってしまいました。

今回は、そういった失敗をしたくない。

そこで、Macの充電が完了したらアラートをしてくれるアプリ「BatteryMinder」を導入してみました。

Battery Minder Battery Minder
価格: ¥200 ()
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
詳細・ダウンロード >

充電が○○%以下 or フル充電でアラート

上述したとおり、Macのバッテリーを正しく取り扱うのなら、フル充電の状態で放置することは厳禁です。また、バッテリーを0%にしてしまうのも、あまり良くありません。

逆に、バッテリーが無くなりきらないタイミング、例えば40%くらいから充電を始めることについては、全く問題がありません。

そういう意味でも、今回導入した「BatteryMinder」は非常に役立っています。

○○%未満でアラートが表示

「BatteryMinder」のまず一つ目の機能は、Macのバッテリーが○○%未満になった時のアラートです。

どの程度バッテリーが減ったらアラートさせるかは、自分で設定が可能。メニューバーのアイコンからメモリを調整してやればOKです。

Macのバッテリー寿命を減らさないため充電の減少や完了時にはアラートさせる 1

バッテリーがその値を下回ると、アラートが鳴ります。

Macのバッテリー寿命を減らさないため充電の減少や完了時にはアラートさせる 2

これが本当にしつこいんです。いや、褒めてるんですよ?1%減る毎にアラートが鳴りますので、見逃しや充電のし忘れがなくなるんです。

フル充電になったらアラート

そして二つ目の機能は、充電が完了した時のアラートです。私はこの機能が欲しくて導入をしました。

特に特別な設定をする必要はなく、バックグラウンドで起動させている間は、バッテリーがフル充電されるとアラートされるようになります。

Macのバッテリー寿命を減らさないため充電の減少や完了時にはアラートさせる 3

これまたしつこくてね。「さっさと充電コネクタを外しなよ!」と1分毎にアラートを出してきます。なので、フル充電が完了したまま放置なんていう失敗は、これで減らせます。

Macのバッテリー寿命を減らさないため充電の減少や完了時にはアラートさせる 4

これぐらいの機能であれば、ぜひデフォルトで搭載して欲しいぐらいですけどね。

あと、有料アプリだって言うことで、ちょっと躊躇いもしました。ですが、長い目で見て必ず役立つアプリですからね。思い切って導入した次第です。バッテリーは、日頃の向き合い方が大切なのですから。

Battery Minder Battery Minder
価格: ¥200 ()
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
詳細・ダウンロード >

あとがき

そう考えると、前のMacBook Airは雑な扱いをしていたなぁと反省。会社にいるときなんかは、充電器を挿しっぱなしにしてず〜っと作業したりしていましたから。

今回は、もうちょっと大切に扱っていきたいと思います。ホント、安い買い物ではなかったので。。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする