iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

AppleWatchの価格一覧が強烈!私は同じ値段で普通に時計が欲しい!

この記事のURLとタイトルをコピーする

AppleWatchの価格一覧が強烈 私は同じ値段で普通に時計が欲しい

AppleWatchの発売が決定しましたけど、皆様どうします?買います?

私はきっと買いません。興味はあるし、いの一番に触れてみたいという欲求はあるのですが、「実生活の中に溶け込めるのか?」と考えてしまうと、どうしても踏み込めないのです。

というのも、私は時計が好きなんです。どんな状況においてもお気に入りの時計をしていますし、そこにAppleWatchは共存できないんですよ。

せめて、AppleWatchが「Watch」ではなく、他の見た目をしていたらよかったのに……。

あと気にしてしまうのは値段ですね。一番安いモデルであっても、決して “お手軽” な値段ではありません。最上位モデルなんて、100万超えちゃいますし。

そうなると自分の中では「だったら同じ値段で欲しい時計買うわっ!」ってなっちゃうんです。

興味はあるから、値段も一覧でまとめちゃいましたし、もしよかったら参考にしてみてください。加えて、「その値段出すなら、私はこの時計を買う!」っていうのもまとめてみましたので、よかったら楽しんでいってください。

AppleWatchの価格について

AppleWatchの値段は何で決まるか?

「AppleWatch」と一言に言っても、いろんな種類があり、一概に「○○円です!」とは言えません。

じゃあ何によってAppleWatchの価格が決定しているかというと、以下の3つの要素によります。

ケース × 6種類
・Apple Watch Sport:「シルバーアルミニウム」「スペースグレイアルミニウム」
・Apple Watch:「ステンレススチール」「スペースブラックステンレススチール」
・Apple Watch Editon:「18金ゴールド」「18金ローズゴールド」

バンド(素材 × カラー)
「リングブレスレット」「スポーツバンド」「レザーループ」「クラシックバックル」「モダンバックル」「ミラネーゼループ」

サイズ × 2種類
縦の長さ:「38mm」or「42mm」。42mmの方がディスプレイが大きいため、タッチパネルの操作性がしやすい。また、電池持ちが良いという特徴がある。

 

以上の要素の組み合わせによって価格帯が決まります。それを一覧にしたのが、以下の表になります。

AppleWatch価格一覧表

価格の一覧については、こちらのサイトを参照させて頂きました!

ケース バンド 38mm 42mm
Apple Watch Sports シルバーアルミニウム ホワイトスポーツバンド 4万2800円 4万8800円
ブルースポーツバンド
グリーンスポーツバンド
ピンクスポーツバンド
スペースグレイアルミニウム ブラックスポーツバンド
Apple Watch ステンレススチール ホワイトスポーツバンド 6万6800円 7万1800円
ブラックスポーツバンド
ブラッククラシックバックル 7万7800円 8万3800円
ミラネーゼループ
ブラックモダンバックル 8万9800円
ブラックレザーループ 8万3800円
ミッドナイトブルーモダンバックル 8万9800円
ブライトブルーレザーループ 8万3800円
ソフトピンクモダンバックル 8万9800円
ストーンレザーループ 8万3800円
ブラウンモダンバックル 8万9800円
ライトブラウンレザーループ 8万3800円
リングブレスレット 11万3800円 11万9800円
スペースブラックステンレススチール スペースブラックリングブレスレット 12万6800円 13万2800円
Apple Watch Edition 18金ローズゴールド ホワイトスポーツバンド 128万 148万
18金イエローゴールド ブラックスポーツバンド
ブラッククラシックバックル 188万
ミッドナイトブルークラシックバックル 188万
ブライトレッドモダンバックル 218万
18金ローズゴールド ローズグレイモダンバックル 218万

実際のデザインについては、Appleの公式サイトを参考にしてみてください。

 

では、ここからは私の単なる欲求の話。「この価格帯のAppleWatchを買うんだったら、代わりのこの時計が欲しい!」って話です。

5万円前後で欲しい時計

MONDAINE

「MONDAINE(モンディーン)」はスイスの時計メーカー。一時期、Appleが「この時計のデザインを盗用したのでは?!」という問題が起こりましたね。

シンプルなんですけど、遊び心があって親しみが湧くデザイン。今までこういうラフな感じで付けられる時計を持ってなかったので、とても気になっているんです。

また、「stop2go」という機構も特殊です。「スイス国鉄オフィシャル鉄道ウォッチ」も手がける同社が開発した機構で、秒針が約58秒で1周して12時の位置で約2秒停止した後にまず分針が1分進み、次いで秒針が動き始めるというものなんです。

詳しくは以下のサイトも参考にどうぞ。

今、私が一番欲しい時計かもしれないです。

Libenham

「Libenham(リベンハム)」もスイスのデザインウォッチメーカー。シンプルなフェイス面に飢えているんですかね。

リーズナブルな値段の割には、実は自動巻きの時計。電池は必要なく、身に付けているだけでゼンマイが巻かれていく仕様になっています。

10万円前後で欲しい時計

ORIS

「Oris(オリス)」もスイスの機械式時計メーカー。

シンプルなんですけど、非常に綺麗なんですよね。一度店舗で見た時から、ここのメーカーの時計はなんだか惹かれる物があります。

epos

「epos(エポス)」もスイスの機械式時計メーカー。

白のフェイス面に青の短針・長針っていうのがキレイでメッチャ好み。内側の機構が小窓からチラッと見えるのもオシャレで好きです。

実際に買ったら、ぜひとも青色のバンドに付け替えて使いたいなぁと思います。

100万円前後で欲しい時計

Grand Seiko

「Grand Seiko(グランドセイコー)」は、日本を代表する時計メーカー SEIKO が所有している高級腕時計ブランドのひとつ。日本国内で部品生産から組み立てまで一貫しており、専門の時計師によって作られています。

時計好きの人であれば憧れてしまう逸品ですね。人生の中で宝くじでも当たらない限りは買わないと思いますが、機会さえあれば手に入れてみたいです。

ちなみに、上記の時計で50万ほど。100万には届きませんが、AppleWatchの最上位モデルを買うぐらいであれば、同じレベルの時計をもう一個二個買いますね。

LONGINES マスターコレクション

「LONGINES(ロンジン)」はスイスの老舗時計メーカー。

ここの時計はホントなんとなく好き。惹かれるものがあるんでしょうね。ちなみに私が普段使っている時計もLONGINESで、だからちょっと贔屓目に見てるっていうのもあります。

VACHERON CONSTANTIN

100万円を超える時計の中で欲しいのってあんまりないですね。フランクミュラーとか全然興味ないし。パッと思いついたのが、この「VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロンコンスタンタン)」。

と言うか、現実味が無いんですよね。そもそも100万円を左手にぶら下げて外出は出来ないですよ。精神衛生上よくない……。

あとがき

とりあえずAppleStoreに行って、ちょっと触って感触みて、それで満足すると思います。

みなさんはAppleWatch買います?買ったら是非みせてください♪

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です