iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

スーパーハイセンス・ハイクオリティな写真ばかり集まるSNS型ウェブサービス「500px」

この記事のURLとタイトルをコピーする

500px.jpgこんなに素晴らしい写真ばかり集まるSNS、他にはありません。

写真を投稿して、それを共有する。気に入ったものはお気に入りに入れて、コメントを残し、色んな人にシェアする。そんなサービスは数あります。「Instagram」を筆頭に、最近では「Eyeem」も人気ですね。

ですが、ハイセンスな画像を求めるのであれば、断然「500px」をオススメします。

むしろハイセンス過ぎて、自分なんかの写真ではクオリティが全く足りず、恐れ多くて投稿なんてできない。そんなウェブサービスです。

何故ハイセンスな写真ばかりが集まるのか。これは「500px」の基本コンセプトによるものです。

500px(five hundred pixelsと発音)とはオンライン写真コミュニティで写真撮影に関して趣味かプロフェッショナルの人たち自身の最も良い写真をアップロードすることを奨励することを目的に、オレグ・ガットソル(Oleg Gutsol)とエフゲニー・トチェボタレフ(Evgeny Tchebotarev、イアン・ソボレフ(Ian Sobolev)としても知られる)が共同で、2009年にトロントでWeb 2.0ベンチャーとして設立した。

via: 500px – Wikipedia

見ているだけで幸せになれる。そんな写真共有コミュニティ「500px」の紹介です。

500px

ハイセンスな写真ばかりが集まる

ハイセンスな写真ばかり集まり、素人の自分なんかは恐れ多くて投稿もできない。そう思ってしまうほど、クオリティの高い写真ばかりが集まるのが「500px」です。

[browsershot url=”http://500px.com/” width=”300″]
via: 500px / Home

以下の画像は、ある日の人気カテゴリー欄です。パッと見ただけでも、普通の写真共有サイトにはない華やかさがあるのが分かるでしょう。

500px   人気フォト

SNSとしての機能

「500px」にはSNSとしての機能も充実している。Facebookのような「いいね」機能や、Twitterの「フォロー」機能があります。また、気に入った写真があれば「お気に入り」に追加することができます。

500pxの魅力 1

「お気に入り」の追加や「いいね」等のアクションは、自分のアカウントの「フロー」として時系列で並びます。

500pxの魅力 2

写真家に嬉しい詳細情報

私はコアな写真家ではありませんが、写真家の方にとっては非常に嬉しいであろう機能が「撮影環境」です。

撮影したカメラに始まり、焦点距離・シャッタースピード・絞り・ISO感度など、写真を撮った環境の情報が閲覧できます。

また、写真が撮影された場所もGoogleMapsに上げられています。実は個人的にこれが嬉しい。「こんな景色を、死ぬまでに一度見てみたい」と思ったら、その場所が何処なのかが分かるのですから。

500pxの魅力 3

iPhoneアプリもある

「500px」にはiPhoneアプリもあります。ウェブ版に比べても遜色のない一覧性が、時間のあるときにパラパラと見ていると、幸せな気持ちになれます。

Web版で使える機能はほとんど網羅しつつ、シンプルなデザインに落とし込めている非常に良いアプリです。もちろん、「いいね」や「お気に入り」機能もあります。

500px 500px
価格: 無料
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


500pxの魅力 4

あとがき:私にとっては閲覧専用

冒頭でお話しした通り、私にとっては「写真を投稿して、仲間を増やすSNS」にはなり得ません。こんなにハイクオリティ・ハイセンスな写真は撮れませんから。

でも逆に、自分の写真の腕前を試したいなら、きっと良いサイトになります。

自分の自信作を載せて、それが評価される。そうなれば、「Instagram」などのSNS系サービスで評価されるよりも、喜びは格別でしょう。




この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする
    Comment (1)
    1. TRADERSHACK より:

      >私にとっては閲覧専用

      閲覧するだけであればRSSフィードで見ることもできます。

      http://feed.500px.com/500px-editors

      http://500px.com/%5Bユーザー名%5D/rss

      エディターのチョイスや好きなユーザーのRSSをGoogleリーダーに登録し、Feedlyの「Cards」表示で見ると心が癒されます。
      宜しかったら試してみて下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です