iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Googleリーダーが終了。その前にやるべきバックアップ・データエクスポートの方法。

この記事のURLとタイトルをコピーする



2013年7月1日をもって、Googleリーダーが終了致します。

多くの方々が利用していたサービスであると認識していたので、非常に残念なところではあります。ですが、決まってしまったものは仕方がありません。

きっと多くの方が次の母艦となるRSSリーダーに移行することになると思います。

その移行先を決める前に、なにはともあれ、今現在のGoogleリーダーに入っているデータのバックアップを取っておきましょう。

このデータさえあれば、次のRSSリーダーに移行した時も、データをインポートさせられます。今まで購読してきたブログやニュースを無駄にせずに済みますので、まずは早期のバックアップ・エクスポートをしておきましょう。

Googleリーダーのバックアップ エクスポート

バックアップの手順

□1.Googleリーダーの「設定」を選択

まず、Googleリーダーに訪問し、右上の歯車マークをクリック。そこから「リーダーの設定」を選択します。

Googleリーダーのバックアップ エクスポート

□2.エクスポートを選択

タブの中に「インポート/エクスポート」というのがありますので、これを選択。そこで表示される画面の一番下に「情報をエクスポート」という項目があるので、そこの「Download your data htrough Takeout」を選択します。

Googleリーダーのバックアップ エクスポート 1

□3.読込み開始→アーカイブを作成

すると読み込みを開始しますので、完了するまで待ちます。読み込みが100%完了したら、「アーカイブを作成」を選択します。

Googleリーダーのバックアップ エクスポート 2

□4.再度読み込み→ダウンロード

すると、再度読み込みを開始します。読み込みが完了すると「ダウンロード」ボタンが出ますので、それを選択。これで完了です。

Googleリーダーのバックアップ エクスポート 4

エクスポートされたデータ

エクスポートされたデータは、以下の画像のものが含まれます。環境によって多少の際はあるかもしれませんが、主なファイルはこれで揃っていると思います。

今後、他のRSSリーダーにインポートさせるときは、主に「subscription.xml」というファイルを使うことになるでしょう。

Googleリーダーのバックアップ エクスポート 5

あとがき:バックアップはお早めに

サービスが終了したあと、どういう動きになるかはまだ予想できない部分です。ですので、どう転んでも大丈夫なように、バックアップデータだけは取っておきましょう。

「備えあれば憂いなし」と言いますからね。




この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です