iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

大人の遊び場「文房具カフェ」。大人が楽しみつつも落ち着ける、非常に稀有な空間。

この記事のURLとタイトルをコピーする

東京は表参道にある「文房具カフェ」。その名の響きからイメージして頂いた通り、文房具に囲まれた落ち着いた空間で、お茶やランチ・ディナーを嗜むことができるカフェです。

この空間を言葉で表現するなら、“大人の遊び場” でしょう。この一言が、非常にしっくりくるお店です。

薄暗い照明とシックなインテリアが織りなす店内には、都会の喧騒を忘れさせてくれる落ち着きがあります。

そしてそこには、大人ならではの遊び道具 “文房具” が整然と並べられており、忘れかけていた子供の頃の気持ち、あの気持ちの高揚を感じさせてくれる。

私は、店内に一歩足を踏み入れた瞬間から、自分の心が湧き上がるのを感じました。この感覚を、ぜひとも皆さんにも感じて欲しいと思い、筆をとった次第です。

それでは、私が撮影した写真と共に、このお店の魅力をお伝えしていきましょう。

文房具カフェ ロゴ

入店〜着席

▼外観はこんな感じで、少しシック。大通りに面してる訳ではないので、見逃さないように注意です。

文房具カフェ 外観

▼店内は半地下。看板をくぐると、すぐに地下への階段へと続きます。左手には所狭しと文房具が並び、これから続く店内への期待を膨らませてくれます。

文房具カフェ 入り口 1

▼筆箱やノート、マスキングテープなどが並ぶ。手に取って行きたい気持ちを抑えつつ、後ろの方の迷惑にならないように、ササッと階段を降りて行きましょう。

文房具カフェ 階段

▼店内は、地下とは思えないほどの広さがあります。天井も低くはなく、圧迫感などはありません。

文房具カフェ 店内

▼テーブルの数も意外と多く、全部で60席ほどあるそうです。

文房具カフェ 店内 1

▼店内をふらふらと歩き回ると、いろんな文房具が置いてあるのが目につきます。

文房具カフェ 店内 2

▼ノートがズラッと並んでいたり…

文房具カフェ 店内 3

▼ニーモシネのサイズ違いがこんなにも一杯。

文房具カフェ 店内 4

▼文具系の本も並んでいました。これらは自由に手にとってOKです。

文房具カフェ 店内 5

なんとも楽しげな空間です。さて、店内散策はこれぐらいにして、いよいよ席につきます。このカフェの本当の楽しさは、ここから始まるのです。

席についたら…

▼座席には、このカフェのロゴが印刷された画用紙が置いてあります。これが、実はランチョンマット兼アンケート用紙。なんだか和みます。

文房具カフェ ランチョンマット

▼さて、早速メニューを…。と、ここでメニューとは違う紙を見つけます。読んでみると、何やら会員登録の案内のようです。会員登録をすると…?

CIMG0421 1

【オフィシャル会員特典】
引き出しの合鍵をお渡しします。
▷会員限定のイベントやパーティーに参加できます。
▷飲食代が毎回10%OFFになります。
▷その他に、会員だけが閲覧できるコーナー会員限定商品の購入などなど、特典がいっぱい。

ふむ。毎回のお会計が10%OFFになるのはとても嬉しいですね。その他にも、会員でしか手に入らない商品や情報が盛りだくさんの様子。

ただ一点、メチャクチャ気になるのは「引き出しの合鍵」。よくよく自分の座席を見てみると、手前に鍵穴付きの引き出しがありました。

文房具カフェ 鍵

秘密の鍵

つまり、会員になると鍵を貰えて、ここの引き出しを開けられると。なんとも遊び心をくすぐってくる演出です。私は気がついたら、会員の申込用紙に必要事項を記入し、店員さんに提出していました。

そして待つこと5分ほど。店員さんが、合鍵と特典カードを持ってきて下さいました。

文房具カフェ 鍵 カギ

これがカギか。とても小ぶりなのに、金色をしているので存在感がある。なんだかコレだけでも会員になった甲斐があったような気がします。

さてさて、それではお待ちかねの引き出しの中身を拝見といきましょう。カギを差し込み…

文房具カフェ カギ 引き出し

いざ、オープン。…おおぉぉぉぉ。

文房具カフェ 引き出し

なんとそこには、多種多様な文房具が潜んでいました。実はこれ、会員限定で使える文房具。ここにあるものは、店内にいる間は自由に使って良いのだそうです。もちろんノートなどもOK。

…と、その中に気になる用紙が一つ。何やら「Menu」と書いてあるのですが、裏写しになっています。そして「裏」の文字も…。

文房具カフェ 裏メニュー

実はこれ、会員だけが食することのできる、店内裏メニューなのです。中には私が非常に好きな、あるスイーツもありました。ただし、これはブログでご紹介するわけにはいきません。是非ともご自分で会員になって見てください。

CIMG0440


いかがだったでしょうか。遊び心が満載で、いかにも「大人の遊び場」という感じがするのではないでしょうか。

ご自身の大切な人を連れてくるも良し。表参道の買い物に疲れた時に、憩いの場として使うも良し。非常に心安らぐ空間ですので、是非とも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗情報

[browsershot url=”http://www.bun-cafe.com/” width=”300″]
via: 文房具カフェ

□地図

文房具カフェ 地図

□概要

 ▷住所 東京都渋谷区神宮前4-8-1 内田ビルB1F
 ▷TEL 03-3470-6420
 ▷営業時間 10:00 – 23:30 (food L.O. 22:30 / Drink L.O. 23:00)

□メニュー

▷詳細:menu | 文房具カフェ

ランチだけでなく、ディナーもやっています。また、夜遅くまでの営業もあるので、アルコール類の取り扱いも豊富です。

パーティーの開催も請け負っているようなので、お店が気に入ったら仲間を連れてワイワイやってみたいですね。

 ▷パーティーについて:party menu | 文房具カフェ

あとがき:大人が楽しめる空間って貴重

私はこのカフェの仕組みなど、一切知らされずに訪問しました。連れて来られた立場なので、ただただ「スゴい。楽しい。」と連呼して、相方について回っていただけです。

なので、もしあなたがこのブログを読んで、このお店を知ったなら、ぜひ友達には内緒で連れて行きましょう。「文房具カフェって、ちょっと雰囲気の良いカフェがあるんだ。一緒にいこう!」と、詳細を告げずに連れて行ってみてください。

きっとその相手は、驚きと感動に満ちた経験ができるかと思います。

大人になった今だからこそ、こういう遊び心を楽しめる空間が非常にありがたいと思っています。なかなか、ここまで心をくすぐられる場所もありませんから。

都会の真ん中に潜む “大人の遊び場” へ、是非とも一度訪れてみてはいかがでしょう。

それでは、今日はこのあたりで。




今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする