iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

図解!iPhoneとMacでコピーを共有できるアプリが便利な理由

この記事のURLとタイトルをコピーする

MacとiPhoneの無料アプリ「CloudClip」。それぞれにインストールすることで、クリップボードを共有することができます。

つまり、iPhoneでコピーした内容はMacで使え、Macでコピーした内容はiPhoneで使える、そういう事です。

これが非常に便利。例えばMacで調べた電話番号をコピーするだけで、iPhoneから電話がかけられる。iPhoneで見たウェブサイトのURLをコピーするだけで、Macでも見ることができる。

そんな便利なアプリです。

▼iPhone版「CloudClip」

CloudClip CloudClip
価格: 無料
カテゴリ: ユーティリティ

アプリをダウンロードする

▼Mac版「CloudClip」

CloudClip Manager CloudClip Manager
価格: 無料
カテゴリ: ユーティリティ

アプリをダウンロードする

ですが、これと同じ機能なら、過去に「PasteBot」という便利なアプリがありました。

「PasteBot」は、同じWi-Fiを使用しているMacとiPhoneのクリップボードを共有するアプリ。機能としては「CloudClip」と同じです。

ですが、そこには大きな違いがある。

「CloudClip」は、iCloudで共有するのです。iPhoneやMacでコピーした内容はiCloudに保存され、それをiPhoneとMacで共有する。これが他のアプリと大きく違う所。

その辺りの話を、今日はお話ししようと思います。それでは参りましょう。

「CloudClip」と「PasteBot」の違いについて

アプリ「CloudClip」とは?

まずは簡単に、アプリ「CloudClip」の機能を説明しましょう。

まず条件として、iPhoneとMac、それぞれにアプリをインストールする必要があります。それぞれ無料のアプリなので、気になる方は早速インストールしておきましょう。

機能は単純です。冒頭でお話しした通り、Macでコピーした内容をiPhoneで使える。また、iPhoneでコピーした内容がMacで使える。これが機能です。

例えば、Macで私のブログのURL「http://bamka.info」をコピーし、その状態で「CloudClip」を起動します。

CloudClipの機能説明

そうすると、今さっきコピーしたURLがiCloudに保存されます。
CloudClipの機能説明

次に、iPhoneの「CloudClip」を起動します。するとiPhoneがiCloudと通信を始め、自動的に同期を開始。先ほどコピーしたURLを利用することができます。
CloudClipの機能説明

これと同じ事を、逆方向からも可能。つまり、iPhoneでコピーした内容でも、Macで使用することができます。

「PasteBot」と「CloudClip」の大きく決定的な違い

これと同じ機能を持つアプリで有名なのが「PasteBot」。これは「MacとiPhoneが同じWi-Fi環境下である」という条件の元で、お互いのクリップボードを共有できるアプリ。

できることは「CloudClip」と同じです。しかし、大きく違うのは共有の方法。

「PasteBot」は、同じWi-Fiを使用することで、お互いのクリップボードを共有して使うことができます。

しかし「CloudClip」は違う。

「CloudClip」は、クリップボードをiCloud上に保存し、それをiPhoneとMacで共有して使うのです。つまり、同じWi-Fiに繋いである必要はありません

図で表すと、こんな感じ。
CloudClipの機能を図で説明

iPhoneでコピーした内容はiCloudへ。Macでコピーした内容もiCloudへ。そして、iCloudに保存されたクリップボードを、iPhoneでもMacでも使うことができる。決して、MacとiPhoneで通信を行なっているわけではありません。

だからこそ「PasteBot」では実現できないことが「CloudClip」ならできる。

例えば、Macでテキストをコピーしたとします。そしてMacをシャットダウンして、使えない状態にしてしまいます。それでも、iPhoneの「CloudClip」を起動すれば、先ほどMacでコピーした内容が使える。

つまり、iPhoneとMacがリアルタイムで通信できる環境でなくても、クリップボードを共有することができるんです。

これが、「PasteBot」と「CloudClip」の大きく決定的な違い。そして、だからこそ私は「CloudClip」が非常に便利だと感じています。

だって、不便でしょう?「iPhoneとMacが同じWi-Fiを使っている」って、この条件が私には非常に不便で仕方ない。この制限が私には辛いのです。

でも、「CloudClip」にはそんな制限が必要ない。それぞれがiCloudと通信さえできる環境であれば、それでOKなのですから。

唯一の欠点というか、「残念だなぁ」と感じるのは、iCloudと通信をするためにはWi-Fi環境が必要だということ。iPhoneの3Gでは「CloudClip」のデータをiCloudと通信することができないのです。これだけが非常に残念。

しかし、それ以外の面で言えば、間違いなく「CloudClip」は便利です。使用用途の幅も広い、必須のアプリと言えるでしょう。

あとがき:クリップボードの共有は間違いなく必須

クリップボードの共有機能は、私にとっては必須の機能。例えば、Macで面白そうなiPhoneアプリを見つけた。その時、わざわざiPhoneのAppStoreを開いて、改めて検索をかけますか?

それなら、MacでURLをコピーして、そのコピーの内容をiPhoneで使えばいい。そっちの方が断然速い。

こういう使い方は、日常的に結構あります。なくても支障はないかもしれませんが、あると便利なアプリ。無料ですので、とりあえず試してみることをオススメします。

それでは、今日はこの辺りで。

▼iPhone版「CloudClip」

CloudClip CloudClip
価格: 無料
カテゴリ: ユーティリティ

アプリをダウンロードする

▼Mac版「CloudClip」

CloudClip Manager CloudClip Manager
価格: 無料
カテゴリ: ユーティリティ

アプリをダウンロードする

▼iPhone「PasteBot」

Pastebot — コピー&ペースト強化ソフト Pastebot — コピー&ペースト強化ソフト
価格: ¥400
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

アプリをダウンロードする

「CloudClip」の詳しい使い方などは、以下の記事も非常に参考になります。ぜひご一読を。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です