iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

シチュエーション別メモ術。閃きを殺さず活かすために、私が行なっている方法。

この記事のURLとタイトルをコピーする


ごきげんよう。ばんか(@bamka_t)です。

たまにご質問を頂きます。「ネタはどうやって作っているのですか?」と。

この質問に対する回答はいろいろできるのですが、重要な点のみをお話しすれば「常にInputを絶やさない」ということです。

日々の思いつきが、そのままブログの記事になることは珍しいことではありません。とても単純なワンフレーズからでも、一本の記事ができあがる。

ですのでネタは、作ることが重要なのではなく、いかに殺さないかが大切です。つまり、思いつきをメモする力です。

アイデアは、いつ訪れるか分かりません。ですので、いつでもどこでも、自分の頭の中をメモできる環境を整えておくことが、ネタを殺さない第一歩です。

そこで今回は、私が行なっているメモ術を、状況別にしてご紹介しようと思います。では、参りましょう。

保存先はすべてEvernote

メモ術をお話しする前に、メモをした先の保存場所についてカンタンにお話しします。

私は、どんなカタチのメモであれ、最終的にはすべてEvernoteに集約されるようにしています。それが例え紙のメモであったとしても、写真に撮ってEvernoteに送ります。

避けるべきは、メモがどこかへ行ってしまうこと。そのために、自分が作ったメモは、どこか一箇所にまとめるべきです。
それは、決してEvernoteである必要はありませんが、自分なりの仕組みを作っておく必要はあります。

状況別メモ術

では、ここから状況に分けて、私がどうやってメモを取っているかお話しします。

歩いてるとき

外出先でメモをするとき。特に歩いているときはアイデアが浮かびやすい気がします。

そんな時はiPhoneでメモします。幸い、私がiPhoneを手放している状況は、限りなくゼロに近いので。

アプリは「EverGear」を愛用中。テキストでも写真でも、このアプリ一本でできてしまうので重宝しています。

「小さいメモ帳を持ち歩く」という手段もありますが、私はやりません。メモ帳を取り出すのが手間で面倒なのです。ポケットに入れておくという手もありますが、あいにく私のポケットは財布とiPhoneとタバコでいっぱいなのです。

本を読んでるとき

本を読むときは、iPhoneとメモ帳を必ず手元に置いておきます。

本の中身に感銘を受けたら、その引用部分を写真に撮ってEvernoteに送ります。使うアプリは「読取ゾウ」。これはEvernote専用のスキャナアプリで、写真の好きな部分だけ切り取れるので便利です。

iPhoneとメモ帳の使い分けは、そのときの気分です。手書きをしたい時もあれば、iPhoneでサクッと書いてしまいたい時もある。自分にとってストレスのない方法を取ります。

参考リンク:読んだ本を無駄にしないためのEvernote活用術。それも、面倒くさくない方法でね。

パソコン(Mac)

パソコンでの作業中で、”すぐにメモできる状況” を完備している人は、意外と少ないのではないでしょうか。

「メモアプリを起動して、新規作成して、メモを取る」。これが一般的な気がしますが、私にとっては遅いです。

私が思う一番速いであろう方法は、「ATOKPad」を利用することです。

当アプリは、Optionキーを二回タップするだけで起動。「Command+N」で新規ノートを作成できます。コレ以上に速い方法はありません。

また、この方法の強みは、トラックパッドに手を移動させなくて良い点です。パソコンでどんな作業をしていようとも、一瞬でメモを取ることができます。

Evernoteとの同期もできる上に、アプリは無料。インストールしても、決して損はありませんよ。

シャワー・風呂

これが個人的に一番難しい。なんせ、裸ですから。何も持っていないこの状況が、一番つらい。

ベストなのは、アイデアを思いついたらすぐにシャワーから出てしまうことでしょう。これもたまにやります。

ですが、それができない場合もあります。頭を洗っていたり、もしくは外の銭湯に行っていた場合です。

そんなときは、他のことを極力考えないようにします。思いついたアイデアに集中し、それ以外をシャットダウンする努力をします。

人間が一度に覚えられる事柄は、10個にも満たないと言われています。ですので、あれやこれやと考えてしまうと、アイデアをすぐになくしてしまうのです。

トイレ

汚い話で大変恐縮ですが、iPhoneでメモするようにしています。

トイレでiPhoneをいじるわけではありません。が、いざというときのために、トイレにiPhoneは持ち込んでいます。

食事中

人との食事中に携帯をいじることは基本しません。

一人であれば別です。また、飲み会や、気の知れた仲間とのラフな食事であれば、iPhoneを取り出し、その場でメモをすることもあります。

ですが、人との食事の際に、いきなりiPhoneを取り出していじることは控えています。

ではどうするか。それは、「相手に一声かける」です。「メモをしたいので、少し失礼します」と断りを入れる。

もしくはトイレに立って、トイレで軽くメモを取るようにします。

電話中

長い電話のときは、両手が使える状態を作るようにします。iPhoneであれば、純正のイヤホンを使用しますね。

メモはパソコンで行うことが多いです。もしパソコンがなければ、メモ帳を添えて電話にのぞむようにします。

会話、セミナー

ケータイをいじるのが、相手に不快感を与える可能性があります。ですので、手軽なメモ帳を使うのがベターでしょう。

私の場合、小さなメモ帳を持ち歩いてはいないので、こういう場合には不便です。

その時は先ほどの食事と同じで、先に断りをいれておきます。「メモをしたいので、iPhoneを手元に置いておいてよろしいですか」と一声かけておけば、悪い印象は与えないでしょう。

セミナーの場合はパソコンを開いている状態が多いので、パソコンでメモを取るようにします。

使用ツール

▼iPhoneからEvernoteへのメモは、だいたいコレ一本です。起動の速さも申し分なく、テキスト・位置情報・写真を残せるので重宝します。
エバー写真メモ投稿 1.5.0(¥350)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Lakesoft – Hiroshi Hashiguchi(サイズ: 4 MB)
全てのバージョンの評価: (34件の評価)


参考リンク:「EverGear」を愛用する5+1つの理由。iPhoneからEvernoteへのメモはコレ一本。


▼読書のさい、本文を撮影したい時はコレ。Evernote専用のスキャナーアプリです。
読取ゾウ 1.00(¥170)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Zenon co.,ltd. – Zenon co.,ltd.(サイズ: 1.5 MB)
全てのバージョンの評価: (1件の評価)


参考リンク:こんなアプリを待ち焦がれていた。Evernote専用のスキャナーアプリ「読取ゾウ」がスピーディでGood。


▼Macでのメモは「ATOK Pad」がオススメ。Optionキーを2度押せば起動する、その機動性の高さが良いです。
ATOK Pad 2.0.0(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: JUSTSYSTEMS CORPORATION – JustSystems Corporation(サイズ: 1.9 MB)
全てのバージョンの評価: (68件の評価)

参考リンク

今回のネタ元は、@rashita2さん著の「ハイブリッド発想術」。ここから得たアイデアでした。

アイデアを逃さず殺さず、どうやって生かしたら(活かしたら)いいか。その心得から具体的な方策まで、とても丁寧に解説されています。
「アイデアが浮かばない」「ブログのネタに困ることがある」と悩まれている方には、オススメの一冊ですよ。

あとがき:人との場面では注意しましょう

いかがでしょうか。いろいろ書きましたが、つまりは「逃さずにメモする環境を常に作っておきましょう」ということです。

あと、自分一人の場面であれば問題ないのですが、人と接触しているときのメモは、いくらか気を配った方がいいです。特にiPhoneなどの電子デバイスを利用するときは。

人がなにかに不快感を覚えるのは、相手の目的が見えないときです。ですので、iPhoneを使用する目的(ここで言えばメモがしたい)を、最初に伝えておいた方がいいですね。

それでは。

■関連エントリー

ブログを書き続けるために必要な3つのコツ。記事の育て方・記事の型・効率化ツールの話。
ブログネタにお困りの方へ。アイデア創出に困ったときに私が実践している5つの視点。
ブログという料理のレシピ。アイデアは食材、メモは保冷剤、ノートは前処理、Evernoteは冷蔵庫。そしてブログは料理である。




この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする
    Comment (1)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です