iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

MacのFinderにタブ機能を追加する「XtraFinder」。しかも無料。

この記事のURLとタイトルをコピーする

MacBook Airなど、モニターの小さなパソコンを効率良く使うなら、アプリのウインドウは極力少なくしたいものです。

そうでないと、パソコンの画面がすぐにいっぱいになってしまい、作業の混乱を招きます。例えるなら、机の上と同じですね。手帳・パソコン・ノート・本などが乱雑した机では、作業が捗らない。それと同じことが言えます。

それを解消するために色んなアイデアやアプリを凝らしています。その1つとして「XtraFinder」が非常にオススメです。

「XtraFinder」のダウンロードページ

このアプリは、Macのファイル管理「Finder」に、ウェブブラウザのようなタブ機能を加えられるアプリ。

複数のFinderを開こうとするなら、普通はウインドウを複数開かなければなりません。そうすると結局、どのFinderウインドウに何を表示していたか分からず、結局は画面が乱雑になってしまいます。

それがこのアプリを使用すれば、開くウインドウが一つで済む。タブの切替だけで複数のFinderを行き来できるので、非常に効率が上がります。

それでは画像と一緒に見ていきましょう。

379652657601

「XtraFinder」でできること

繰り返しになりますが、「XtraFinder」では、Finderにタブ機能を加えられるアプリ。つまり、一つのウインドウで複数のFinderを管理できます。

アプリをインストールすると、Finderの上部がタブになります。タブ部分の「 + 」マークを押すか、ショートカット「command + T」を押すと、タブが増えます。
スクリーンショット 2013 01 12 11 43 07

この、「一つのウインドウで複数のFinderを管理できる」っていうのが、最大の魅力です。
スクリーンショット 2013 01 12 11 43 45

もちろん、タブ間でのファイルの受渡しも可能です。ファイルをドラッグしたまま、タブにカーソルを合わせる。そうすると、選択したタブが開きます。
スクリーンショット 2013 01 12 11 44 33

あとがき:デフォルトで備わっていても良いぐらい

デフォルトで入っていても良いぐらい、非常に自然に馴染みます。それぐらいのアプリ。入れておかない手はない物の一つです。アプリ自体も無料ですしね。

それでは、今日はこのあたりで。

「XtraFinder」のダウンロードページ

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする