iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

[Mac]同じタイプのアプリで迷ったら、軽いものを採用してみてはいかがでしょう?

この記事のURLとタイトルをコピーする

例えばメーラーアプリ。機能はどれも似通っているけど、じゃあどれを使うのがベストなんだろう?
そんな風に思ったことはありませんか?そういうとき、私はよく「メモリ消費の少ないアプリ」を入れるようにしています。
というのも、私が以前まで使っていたのが「Macbook Air 13’」で、メモリが2GBと貧弱でした。ですので、割とすぐにメモリがいっぱいになってしまう。
そうすると、Mac自体が遅くなってしまう。切実な問題となっていました。
ですので私は、同じタイプのアプリの選定で迷ったら、メモリ消費の少ないアプリを入れるようにしています。

メーラーアプリで比べてみよう

例えばメールを管理するアプリ。Macであれば、デフォルトの「Mail」の他に、「Thunderbird」や「Sparrow」が有名どころですね。
どれも、Gmailの管理もできるし、iPhoneの「@i.softbank.jp」アカウントの管理もできる。正直、機能についてそこまで大きな違いはないかなぁと感じています。
じゃあ、これらのアプリの内、どれを使おうか?
そんな時の判断基準の1つとして、メモリ消費量を確認して、メモリ消費が少ないものを選んでみてはいかがでしょうか。

無料メールソフト Thunderbird — Windows 7 対応メールソフトの決定版

Sparrow Lite 1.6.1(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Sparrow – Sparrow SARL(サイズ: 10.8 MB)
全てのバージョンの評価: (31件の評価)

メモリ消費量の確認

メモリ消費量の確認方法は、いくらかあります。
お金をかけず、Macにもともと備わった機能を利用するのであれば、「アクティビティモニタ」から確認ができます。
▼アクティビティモニタは、「Macintosh HD」>「アプリケーション」>「ユーティリティ」の中にあります。

アクティビティモニタを起動すると、使用しているMacの状況を、いろんな角度から把握することができます。
また私の場合は、メモリ解放機能も搭載している「Memory Scope」というアプリを利用しています。メモリの使用状況を確認しつつ、メモリの残量が少なくなると自動でメモリ解放をしてくれる。かなり重宝しています。
Memory Scope 1.04(¥170)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Bloop – giovanni simonicca(サイズ: 0.9 MB)
全てのバージョンの評価: (80件の評価)


では、各メーラーのメモリ消費量はどうか、確認してみましょう。

メモリ使用量を確認してみる

「Mail」「Thunderbird」「Sparrow」。3つのアプリを起動した状態で、アクティビティモニタを起動します。
そして、「実メモリ」の項目をクリック。すると、「実メモリの使用量が多い順」に並びます。

あとは、見比べるだけ。以下の画像が結果です。

こうして見ると、メモリの消費量としては「Thunderbird」が多いようですね。次いで「Mail」となっており、「Sparrow」が一番軽いようです。

あとがき

今回はメーラーアプリで比べましたが、これはツイッターアプリなどでも応用が効くでしょう。アプリの選定に困ったら、活用してみてください。
昨日から私の愛用機が変わり、現在はメモリ8GBのMacbook Air 11’を使用しています。ですので、以前ほどメモリを気にすることもなくなりました。
ですが、今でも私のアプリ選定基準は「速い」「軽い」「カッコいい」です。

■関連エントリー

アプリをキーボードから一発起動するショートカットを作成できる。そう、BetterTouchToolならね。 
Macのデスクトップスペースを使いこなす。アプリの特性に合わせた割当て設定とは? 
【マジックマウス×BetterTouchTool】私がイチオシするジェスチャを一挙ご紹介します。 

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です