iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

[iPhone] どうやって使い分けてる?カメラアプリは撮影の目的に分けて厳選しよう。

この記事のURLとタイトルをコピーする

ごきげんよう。@bamka_tです。
先日@digipenさんが、こんなツイートをされていました。


確かに、そうなんです。私も、ほぼ同じような使い分けをしていたので、とても共感したのでした。
ですので今回は、私の撮影シーン別カメラアプリをお話ししようと思います。
カメラアプリは星の数ほど出ています。どれも魅力的ではありながら、だからと言って全てを使いこなすことは困難です。
「なんのために、iPhoneのカメラを取り出したのか?」
この目的に合わせた使い方を明確にすれば、iPhoneがカメラアプリまみれにならずに済むのではないでしょうか。
ご参考になれば幸いです。

最速で撮影をしたい

これは、標準のカメラアプリが間違いなく最速です。
現在のバージョンのiPhoneでは、ロック画面からカメラを起動することができます。
ロック画面の右下のアイコン。これを上に向かってスライドさせる。そうするとカメラが起動します。
▼ロック画面の右下のカメラアイコン。これを上に向かってスライド。

この方法を使えば、今自分がどんな画面を開いていても、以下の手順でカメラが起動できます。
 1.電源ボタンでロックをかける
 2.もう一度電源ボタンを押して、iPhoneを起動
 3.カメラアイコンを上にスライド
 
この3ステップよりも素早く撮影できる手段は、他にはありません。
参考リンク:【iOS5.1】いつでも1秒以内にカメラで撮影する方法。もうアプリの起動すらいらない。 / あなたのスイッチを押すブログ 

とにかくさっさとSNSにシェアしたい

加工なんかはどうでもいい。まずはTwitterにアップロードしたい。
そんな時には、「Onecam」を利用します。起動が速く、そしてTwitterへの投稿がスムーズなので重宝します。
OneCam(静音, 連写, ジオタグ) 3.1.0(¥170)
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: Walker Software – masahiro seto(サイズ: 5.3 MB)

Onecamを開いて撮影。そのあと、画面を上から下に向かってスライド。
そうすると、直前に撮った写真の処理を求められます。ここでTwitterを選択すれば、すぐにTwitterへシェアできます。
また、「ちょっと手を加えたいなぁ」と思ったら、Instagramを選択するようにしています。
そうすれば、ちょっとした加工はできますし、Facebook・Foursquare・Twitterへの同時投稿もできますからね。
▼画面を上から下にスライド。それだけで各SNSにシェアできる。

凝った写真を撮りたい

少し時間をかけてもいいから、最高の写真を撮りたい。凝った写真に加工したい。
そんなときは「Camera+」を利用しています。
Camera+ 3.0.2(¥85)
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: tap tap tap – tap tap tap LLC(サイズ: 21.9 MB)

何故なら・・・
・露出とフォーカスを、別々に設定して撮影できる
・手ぶれ補正、グリッド、ジオタグがある
・連射機能がある
・写真の加工アイテムが揃っている
・Twitter、Facebook、Flickrにシェアできる
などなど、とても機能が豊富にあるのです。また、有料のアドオンを購入すれば、画像の加工の幅も広がります。
特に、露出とフォーカスを別々に撮影できるのは便利。
いざ撮影しようとしても、明るすぎて白飛びする!なんて時でも大丈夫。
露出を明るいところに合わせて、フォーカスを撮影対象にすれば、白飛びするようなこともありません。
▼露出とフォーカスを別々に設定して、撮影できる。

ちなみに、もっと深く趣向をこらそうと工夫している方もいらっしゃいます。ご参考にどうぞ。

stilo写真展「iPhonegraphy」に言ってiPhone写欲を高めよう! | TRAVELING

旅先の情景を残したい

旅先に目にした風景。それをそのまま残したい。そんなときに私が重宝しているのが、パノラマ撮影が可能な「Photosynth」。
Photosynth 1.1.4(無料)
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
販売元: Microsoft Corporation – Microsoft Corporation(サイズ: 4.8 MB)

これは、パノラマ撮影ができるカメラです。
iPhoneを構えながら、自分を中心にしてグルグル回っていれば、自分の周囲の風景を360° 残しておけます。
▼自分を中心にして、パノラマ撮影ができてしまう。

写真って、要は風景の切り取りです。ですが、旅にでかけたら、その場所の雰囲気・空気・情景すべてを残しておきたいと思う。
そうしたとき、一欠片の写真では物足りないんです。だから私は、旅先で写真を取るときは、自分の周りすべての情景を残しておきたい。
そんなときに重宝するアプリなんです。
▼沖縄での写真。カメラロールには、こんな感じで記録されます。

▼動画での説明の方が分かりやすいですね。ご参考に。

あとがき

iPhoneのカメラはとても面白い。アプリの数だけ撮影の幅が広がります。
ですが、その多さ故に、現在では何を使っていいのか迷ってしまいます。ですので、増やすことよりも、減らすことを考えましょう。
「どうしてカメラを構えたのか?」その目的に合ったアプリを厳選することで、もっと楽しいiPhoneカメラライフが送れることと思います。
ちなみに、HAYA技haya1111さんもカメラアプリの特集を組んでいます。こちらもご参考にどうぞ。

素敵な写真で自慢したい!旅行で重宝するiPhoneのカメラアプリ7選 | HAYA技

■関連リンク

iPhoneでイライラしたくない人へ。最速を求めた17の設定・Tips・アプリの活用術。  
画像を無限にアップロードし続ける。Picasaを使って最高のカメラライフを送ろう。  
[Picasa×iPhone] 目指せカメラロール0枚。iPhoneの写真を無限にアップロードする最もカンタンな方法。  

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です