iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhone×Kindle本の相性は良い。スキマ時間にサクッと読めるのでオススメです。

この記事のURLとタイトルをコピーする

食わず嫌いというのは良くないものですね。

今まで、電子書籍ってあんまり好きになれなかったんですよ。本はやっぱり紙の方が好きで、手で持った感触と、書き込める楽しさがやっぱり捨て切れませんでした。

ただ、ちょっと外出先で暇を持て余したので、試しにiPhoneでKindleの本を買ってみたんですよ。

そしたらコレが結構良い。いや、とても良い。文字も大きくサクサク読めるし、気になった引用は簡単にメモ(Evernoteへ保存)できるしで、一冊を軽く読み終わってしまいました。

iPhoneという小さいデバイスで読みづらくないの?という疑問もあるかと思いますが、まずは疑わずに一回読んでみて欲しい。実はそんなにストレスなく読めると気付かされると思うので。

それでは、iPhoneでKindleを読むとどんな感じになるのか。今日はそれをご紹介しようと思います。

それでは参りましょう。

iPhoneでのKindle本の買い方

まず、Kindleで買った本を読むために、以下の無料アプリを入れる必要があります。サクッとインストールしてしまいましょう。

尚、使用するためにAmazonのアカウントを登録する必要があります。まだ登録していない方は、ここから新しくアカウントを登録しましょう。

Kindle Kindle
価格: 無料
カテゴリ: ブック

アプリをダウンロードする

このアプリの機能は、簡単に言えば自分の本棚です。

Amazonのアカウントを登録することで、パソコンで買った本をiPhoneに送ることができます。また、購入した本はこのアプリに蓄積され、このアプリから本を読むことができます。

これが、このアプリの大まかな機能。

さて、アカウントの登録が済んだら、後はストアで本を買えば電子書籍を読むことができます。

Kindleストアの「本」というジャンルに行けば、電子書籍を買うことができます。もちろんiPhoneのSafariなどからでもOKです。

Amazon.co.jp: Kindle本 : Kindle

欲しい本を選択したら、右側の購入ボタンを押します。この時、配信先がちゃんと自分のiPhoneであることを確認しましょう。

購入ボタンのすぐ下に、無料サンプルのボタンがあります。「買うのはちょっと…」とためらった方は、まずココをクリックしましょう。
スクリーンショット 2012 12 24 5 45 05

そうすると、購入完了画面になります。
スクリーンショット 2012 12 24 5 44 52

なにやらiPhoneに送信されたらしい。試しにiPhoneのKindleを開いてみましょう。すると、先ほど購入した本がダウンロードされるはずです。これでいつでもどこでも、この本を閲覧することができます。
2012 12 24 05 45 59

読み応えはどうなの?

さて、それでは実際にiPhoneで本を読んだ感じをお伝えしましょう。

まず、文字の大きさや見栄えについて。

見方を変えれば、私は普通の本よりも読みやすいんじゃないかと思っています。と言うのも、文字の大きさを自分で調整できますので、活字の小さな文庫本よりも読みやすく感じました。
2012 12 24 04 26 18 1
2012 12 24 04 26 56

閲覧の色は3種類から選べます。白地に黒文字・黒字に白文字・セピア色の背景の3つです。私は優しいテイストのセピアが一番好み。
2012 12 24 04 26 43 1

簡単にメモが取れるから便利

では次に機能面について。

本で最も重要だと思われるのは、「気になった部分をいかにメモするか」という事だと思っています。そして、これについてKindleは最高です。

まず、気になった所にメモを残すことができる。
2012 12 24 04 28 25 1 2

そして、その引用部分はTwitterとFacebookにシェアできる。(ただし、1冊の本辺りでシェアできる回数には限りがあります)
2012 12 24 04 30 27

例えばTwitterでシェアをするときに、「@myen」とコメントを入れてツイートすれば、それだけで引用部分をEvernoteに送ることができます。

※Twitterから直接Evernoteにメモするには、事前に「@myen」をフォローする必要があります。詳しくはコチラの記事を参照してみてください。
 ▷Twitter から直接 Evernote にメモするには @myen をフォローする | Lifehacking.jp

2012 12 24 04 30 35

最後に、気になった引用部分にはハイライトを付けることができる。

上述した通り、TwitterやFacebookにシェアできる回数には限りがあります。なので、Evernoteにメモを残したい時は、Twitter経由よりも、スクリーンショットの方がいい。

ハイライトを付けて、その画面をスクリーンショットする。こうすることで、自分がどの部分に心動かされたかが、後で読み返した時に一目瞭然なのです。
2012 12 24 06 34 05

さて。Kindleのもう一つ嬉しい機能は、こうして色んな形で取ったメモは、その場所が保存されており、いつでも戻ることができるという点。

つまり、メモ・ハイライト・シェアした部分は記録されており、該当するページにはすぐに戻ることができるんです。栞を挟んでいるのと同じイメージですね。
2012 12 24 04 27 23

こんな感じで私は、パッパッパッと読み進めながら、気になった所にメモしながら読んでいます。この流れがスムーズに行くのが、私がKindleを気に入った理由です。

あとがき:iPhoneでも意外とイケる

一番衝撃だったのは、「iPhoneでも意外と読める」ってところですね。今までこんな小さなデバイスで本を読む気にはなれなかったのですが、やってみると意外や意外、なかなかに快適なのです。

冒頭にも言いましたが、食わず嫌いってのは良くないですね。これは是非一度体験して頂きたいなぁと思い、エントリーを書いてみました。

お金を払うことに抵抗がある方は、まずは無料で試してみたり、100円程度の本を買って読んでみることをオススメします。

それでは、今日はこのあたりで。

Kindle Kindle
価格: 無料
カテゴリ: ブック

アプリをダウンロードする
この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする
    Comment (1)
    1. @career20a より:

      確かにiphoneみたいな小さい画面では何となく読む気にならなくて試してなかったですが、ちょっと見てみたくなりました。ゆっくり読むには向かないけど、隙間時間に読みたい時にちょうど良さそうですね!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です