iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

【記憶の麻袋と青年の話】過去の記憶は未来に活かすためのもの。

この記事のURLとタイトルをコピーする

辛い思い出だけでも無くしたい、と。とても唐突な話だね。

ふむ。そうか、あの娘と別れたんだね。それはさぞかしツラいだろうよ。けれど、かと言ってそのツラい思い出を無くしてしまってはいけないよ。

仮に私が、あの悪魔のように記憶を入れる麻袋を持ってたとしても、オススメできるものじゃあない。

後悔や失敗ってのは、未来へ活かすためのものだ。人が未来を見られず、思い出という過去を見られるようになっているのは、過去を使って未来を変えるためだからだよ。

納得できないって顔だね。

分かったよ。私は魔法の麻袋を持ってはいないが、物語を語ることはできる。

昔、君のように失恋に打ちひしがれた青年がいたよ。彼も君と同じように、絶望の淵にいたんだ。そして、悪魔と手を交わしてしまったのさ。

記憶を入れる麻袋

その街には、端正な顔立ちの青年がいた。彼には、街一番の美女であり、幼馴染である彼女がいた。

街ではお似合いのカップルだともてはやされていたが、幸せの裏には不幸があるもの。その二人をよく思わない人間もいた。

街一番の彼女と結ばれたいと願う一人の男が、彼らの仲を引き裂こうと策略をしていた。

そしてその男は、色目を使うことにした。彼の目の前に、他の街から連れてきた女を紹介し、わざと仲睦まじく接するように仕向けた。

その現場を見つけた青年の彼女は、その青年に別れを告げ、そして静かに街を去ってしまった。

青年は後悔した。自分の過ちによって、自分は最愛の人を手放してしまった。その失敗を悔み、忘れたいと願った。

彼はベッドに倒れ込み、自分の過ちと辛い現実に涙を流し、気がつけばスヤスヤと眠ってしまっていた。


悪魔は早耳。そして早技。

小さな羽根をたなびかせ、見にくい顔に尖った耳を持った悪魔が、不幸を背負ったその青年の前に現れた。

そして、取引を持ちかけた。

『よお!そんなに辛いなら、お前に良い物をやるよ。』

取りだしたのは、普通の麻袋だった。

『見た目は普通の麻袋だ。けれど、悪魔の持ち物ってのは何かしら不思議な力があるってのが相場だ。

この麻袋は、記憶を入れて置けんだ。自分の好きな記憶をこの麻袋に詰めて、紐で縛っちまえば良い。そうすりゃお前のその辛い過去ってやつともオサラバよ。

お前の寿命を5年よこしな。そうすりゃコイツをくれてやる。』

青年は、自分の辛い過去を受け止めきれず、悪魔に寿命を差し出した。そしてその麻袋の中に、今まで自分が経験したすべての辛い過去をいれた。

彼は、自分の肩が軽くなったことに喜んだ。

『ありがとよ!その袋はお前のもんだ。好きに使いな。それじゃ・・・』

「待ってくれ!」

青年は、悪魔に取引を持ちかけた。

「このままじゃ結局、僕は彼女と一緒になることができない。それじゃ意味がないんだ。だから、時間を戻すことはできないか?」

『おっと、そいつは別料金が必要になるぜ。寿命を、もう5年よこしな。そしたら、5日戻してやる』


目を覚ました彼の手には、ひとつの麻袋があった。そして、カレンダーを見たら、悪魔と取引をしたあの日の5日前であった。

彼は喜び、はしゃいだ。ベッドの上を飛び跳ね、今日が彼女とのデートの日だというのを思い出し、家を飛び出した。

そして彼は、その5日後に同じ過ちをしてしまう。麻袋に入れた辛い思い出と共に、自分の失敗を省みることが彼にはできなかった。

彼はまた失恋に涙し、悔しい心を胸にベッドへと倒れこんだ。


夢の中で、またもあの悪魔が現れた。

『どうした、旦那。辛い顔してんじゃねぇか。何ならお前を、過去に戻してやることだってできるんだぜ?』

青年は、自分の手にしている麻袋にふと目を落とした。

「・・・そうか。僕は自分の失敗を、辛い過去と一緒にこの袋に入れてあるんだ。次は同じ失敗をしないで済むぞ・・・」

「いいだろう!悪魔よ!寿命を5年やるから、俺を5日前に戻してくれ!」

『聞き分けのいい男は嫌いじゃないぜ』

こうして青年は、またも悪魔と手を交わした。


目を覚ました彼の手には、前と同じく麻袋が握られていた。

そして彼は、自分が失った未来の記憶を取り出そうとした。彼女と別れた原因を。自分の未来の失敗を見ようとした。

彼は、その握られた麻袋を縛っている紐を手に取り、少しずつ解いていく。そして、中に手を入れ、自分の過去の記憶のひとつを手に取った。

その記憶を、自分の頭にかざす。すると、彼の頭の中には、今まで自分が経験した苦い過去が広がった。思い出したくもない辛い過去が、頭の中を駆け巡る。

彼はその記憶を頭から突き放し、麻袋の中に投げ入れた。

「くそ。もう一度。」

彼はまた袋に手を伸ばし、自分の記憶を頭に押し当てた。するとまたも、辛い記憶が蘇る。

何度か試してみるものの、彼女と別れた原因には辿りつけない。それ以外の辛い過去ばかりを見せられてしまう。

彼は我慢できず、勢いよく紐をとき、中身の記憶を一面にぶちまけた。すると、今までの辛い記憶が辺りに広がった。

彼は、自分の辛い過去を省みる勇気がなく、その場を逃げ出してしまった。そして、一度手放した辛い過去は、もう二度と彼の元に戻ることはなかった。

そして彼は、何度も同じ過ちを繰り返した。5日後にはまた悪魔と取引し、過去に戻される。

悪魔と10回目の取引をした、その日の朝。彼にはもう、目覚めるだけの余命が残されてはいなかった。

あとがき

どうだい?少しは自分の過去を大切にしようって気になったかい?

それでも過去の辛い記憶を忘れたいというなら、記憶じゃなく、記録としてしまうことさ。

紙に書くでも良い。Evernoteに入れるでも良い。なんでも良いさ。

自分の頭の中で収まり切らないなら、頭の外に出してしまうこと。

そして大切なのは、取り出したい時に、取り出せる仕組みを作っておくことだね。これを達成するなら、Evernoteややっぱり便利だと思うよ。

決して、麻袋に詰め込んで、口を縛ってはいけないよ。




この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です