iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneアプリレビューの立役者。画面を動画としてキャプチャできるアプリ登場。

この記事のURLとタイトルをコピーする

こんなアプリを待っていました!

機能は単純明快。iPhoneの画面を動画として保存できるアプリです。それがこの「Disp Recorder」。ちなみに、今なら半額セール中です。

Disp Recorder 1.2(¥450)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Smart Baby Co., Ltd – Nguyen Thi Kim Oanh(サイズ: 6.3 MB)
全てのバージョンの評価: (71件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

例えばこんな実演動画が簡単に

iPhoneのアプリ紹介で、自分の使いこなし方を説明するのは非常に難しい。

言葉と画像でなんとか分かりやすくしようと試みていますが、動きがないのでイメージしづらい思いをさせていたかと思います。

そんなときに重宝するのが動画。自分の作業風景をそのまま切り取れるので、言葉や画像では伝えきれない部分を補完してくれます。

例えば以下の動画。これはRSSリーダー「Sylfeed」を利用した、私のRSS処理の流れをキャプチャしたものです。

Sylfeed 2.3.1(¥250)App
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
販売元: GACHANET – GACHANET(サイズ: 3.8 MB)
全てのバージョンの評価: (773件の評価)

この一連の動きを言葉で説明しようと思うと、これはかなりの労力が必要になります。

ですが、動画であれば簡単。いつもの作業をこなすだけでいいのですから。

動画の持つ可能性

動画には、見逃せない大きなデメリットがあります。1つが「読み込みに時間がかかる点」であり、もう1つが「読者の時間を奪う点」です。

1つ目の「読み込みに時間がかかる点」。これは技術の発達(LTEなど)によって、以前に比べれば、だいぶストレスが軽減されてきました。

ですがそれでも、3G回線でのダウンロードには時間がかかるし、ダウンロードしている時間は他に何も作業ができないのでイライラさせてしまいます。

2つ目の「読者の時間を奪う点」。これも大きな問題。

こうやって文字と画像の羅列であれば、主導権は読者にあります。つまり、読むスピードや読み進めるタイミング、熟読や流しの緩急が付けられるんです。

ですが、動画ではそれが難しい。「見たい部分をかいつまんで閲覧する」という緩急がつけづらく、結局は動画の再生時間と同じだけの時間を、読者から頂くことになるんです。

これらが、私が考える「動画だからこそのデメリット」です。

ですが、先程お話したようなメリットがあるのも事実。見逃せません。

ですのでこれからは、これらの合わせ技でいこうかと思います。動画での実演を交えつつ、今までどおり文字と画像で説明をする。

こうすれば、読者の方々にとっても嬉しいのではないのでしょうか。

▼動画というコンテンツが持つ力に関しては、@Sayobsさんもご自身のブログで言及されており、これに私も可能性を感じております。
これからは日本でも動画時代が幕開けするだろう | Last Day. jp

あとがき:ご購入はお早めに

最後に、もしこのアプリが少しでも気になりましたら、お早い購入をオススメします。

というのも、実は以前も同じようなアプリがAppStoreに登場しましたが、すぐに削除されてしまったのです。

こういう前例がある故、このアプリがAppStoreから消えてしまう可能性も、なきにしもあらずです。

また、今であれば半額セール。なおのこと、買うなら早いほうがいいでしょう。

Disp Recorder 1.2(¥450)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Smart Baby Co., Ltd – Nguyen Thi Kim Oanh(サイズ: 6.3 MB)
全てのバージョンの評価: (71件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応




今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする