iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

2,000円以下で買えるiPhone5用アルミバンパーが良い感じです。

この記事のURLとタイトルをコピーする

iPhone4の時に初めて登場したアルミバンパー。発売当初はハイパーインフレを起こしていた値段ですが、今ではだいぶ落ち着いているようです。

そして、ぼちぼちiPhone5用のアルミバンパーも登場してきましたね。しかもかなりお手頃な価格で。

そこで私も、念願欲しかったアルミバンパーを購入してみました。

その値段、なんと¥2,000以下。これは「失敗しても凹まない価格」ということで買ってみたのですが、良い感じだったのでレポートします。

2012 10 28 00 43 03

無名だからって侮れない

今回買ったのは、コチラのアルミバンパー。

メーカーはよく分かりませんが、それでも値段がかなり魅力的。今ならセール価格で¥1,575という破格です。

では質はどうかというと、そんなに悪いものでもありません。比較対象がないのでなんとも言えませんが、細かい所もシッカリしているし、安心して使えます。

内側にはクッション有り

内側には、小さなクッションが入っており、iPhoneとアルミ部分が直接鑑賞しないように配慮されています。これだけでもかなり嬉しいですね。

2012 10 27 12 19 55

パーツは2つに分かれており、三辺あるパーツにiPhoneを入れ、残りの一辺をネジで止める仕様になっています。

2012 10 28 02 37 46

繋ぎ目部分も、変なスキマが空いたりせず、シッカリと固定されます。

各種操作部分がシッカリ確保されている

今回この商品を選んだ理由ですが、値段以外にもいくつかあります。その一つが、各種操作部分が大きく空けられていること。

まず、下のジャックを指す部分。イヤホンを指す部分でもあるので、シッカリと大口で空けておいて欲しかったんです。

2012 10 28 00 40 33

次に音量操作部分。ココも大きく空けられていて、操作に不自由がありません。

2012 10 28 00 41 41

あと、SIMカード部分もシッカリと空けられています。

2012 10 28 00 40 11

最後に電源ボタン。ここにはスペースが空けられているのではなく、バンパー自体に電源ボタンが付いているため押しやすいです。

2012 10 28 00 41 11

これを選んだ一番大きな理由は、色

iPhone5用のアルミバンパーは、他にもいろんなものが発売されています。また、少し待てば11月出荷のものなど数多くあります。

ですが私はいち早くコレを買いました。何故か。

それは、色です。この「緑と青の中間色」が、他のアルミバンパーになかったんです。水色とか濃いブルーはあるんですけど、なかなかこの色がなかった。

だからこのバンパーにしたんですよ。他にもいろんな色がありますので、色を重視して購入を考えたい方にはオススメです。

他にも気になっていたアルミバンパー

他にも私が迷っていたアルミバンパーが数多くあります。

最有力だったのはコレですね。「CLEAVE」のアルミバンパー。

フォルムが曲線的でスッゴくカッコいいんです。ただ色が好みのものがなかったんで、見送ったんです。

あとがき:こういう時に白iPhoneはイイ

最後にちょっと余談ですが、こういうポップな色のケースが似合うのが、白いiPhoneの特権ですよね。

iPhone4の時はクリアとか、色付きのケースでもかなりシックな色味を付けるようにしていました。

ですが「白iPhone5なら、これぐらいポップな色合いでも大丈夫なはず!」って思い、えいやぁと明るめの色にしました。

そして、意外とこれが気に入っています!

白iPhone5ユーザーは、思い切って色味を明るくしてみてはいかがでしょうか♪





↓↓今回ご紹介したケース↓↓




今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする