iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

これだけ覚えておけばネットが捗る。GoogleChromeで私がよく使うショートカットまとめ。

この記事のURLとタイトルをコピーする

ショートカットキーはとても便利ですが、すべてを覚えようとするのは逆に非効率です。

覚えるべきは、よく使うアクションだけでいいはずです。会得にかかる時間より、短縮できる時間が多くなければいけない。これが、効率化の基本ですからね。

そこで、今回はGoogle Chromeで覚えるべきショートカットをまとめてみました。私がよく使うものだけを抜粋したので、ショートカットキーを網羅しているわけではありません。

ですが、これさえ覚えておけば、ネットでの作業を効率的に行えるでしょう!「もう知ってるよ!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、そこは「もしかしたら知らないものもあるかも…」という気持ちで見てみてください♪

それでは、参りましょう!

コレが私がよく使うショートカット一覧だ!

進む・戻る

・前のページに戻る:command + [
・次のページに進む:command + ]

ページを進んだり、戻ったりするときのショートカット。command + 矢印でもいいのですが、これだと検索窓にカーソルが来ているときは使用できません。

その点今回ご紹介したショートカットだと、場面を選ばず、いつでも前のページに戻れます。ですので、私はこっちを推奨。

検索窓にカーソルを合わせる

・カーソルを検索窓へ:command + L

どんな状態にあろうと、検索窓にカーソルを合わせてくれるショートカットです。

素早く検索をしたいなら必ず覚えておくべきショートカットですね。利用する場面は数多いです。

Google検索後、トップヒットに移動

・(Googleの検索結果一覧で) tabを押してreturn(enter)

これはショートカットはちょっと違うのですが。

Googleで検索をして、検索結果が一覧で表示されますね?そこで、一番上のページに行きたい時、わざわざカーソル動かしてクリックしていませんか?

これ、tabキーを押すと、検索結果の一番上が選択され、return(enter)キーを押せばそのページに飛べるんです。

さっきの「検索窓へカーソルを合わせるショートカット」と合わせれば、キーボードから手を離さずに検索ができますね。

タブを開く・閉じる

・新規にタブを開く:command + T
・現在のタブを閉じる:command + W

ココからは少しタブの操作に関するショートカットが続きます。

ネットサーフィンをしていると「このページは残しておきたいけど、新しいページにいきたい」ってことがあります。頻繁に。

そんな時に便利なのがタブ。しかもこのcommand + Tでタブを開くと、カーソルが検索窓に合わされている。と言うことは、そのまま検索がパパっとできるわけです。

また、タブは開けば開くほどメモリを消費し、パソコンがドンドン重くなってしまいます。不必要なタブは極力消すようにしたいですね。

直前に閉じたタブを復元する

・直前に閉じたタブを再度開く:shift + command + T

調子にのってタブをバンバン閉じていると、必要だと思って残しておいたタブまで閉じてしまうことがあります。

これを再度開くために、履歴を開いていたら非効率です。ショートカットでパパっと復元しましょう。

復元できるのは、直前に閉じた1つだけではありません。何度も押せば、押した数だけさかのぼって復元してくれます。

タブ間の移動

・左のタブに移動:alt + command +
・右のタブに移動:alt + command +

タブの間を移動するショートカットです。複数のタブを開いているときはホントに重宝します。

タブの移動は他にもcontrol + tabshift + control + tabでも行えます。ココらへんは好みで変えても良いですね。

URLを一発コピー

・現在開いているページのURLをコピー:alt + command + C

現在開いているページのURLをコピーできるショートカットです。Twitterでの共有などの際に便利ですね。覚えておくといいでしょう。

ページ内検索

・現在開いているページ内のテキストを検索:command + F

目的があってウェブページを見てるのに、開いたページが長すぎて、目的の単語が見つけられない。そんな時が割と頻繁にあるものです。

そんな時に便利なのが、このショートカット。該当するキーワードがページ内にあれば、ハイライトになって教えてくれます。超便利。

ダウンロードしたものを表示

・ダウンロードページを開く:shift + command + J

せっかくウェブからダウンロードしたのに、どこにいったか分からない。そんな時はChromeのダウンロードページを開くといいです。

過去にダウンロードしたファイルが一覧できるので、そこから見つけるようにしましょう。

ショートカットが便利になるアプリ

覚えるのは面倒だ。でも、ショートカットの確認もどうやっていいかわからない。

そんなときに便利なのが「CheatSheet」というアプリ。commandキーを長押しするだけで、現在作業しているアプリで使用できるショートカットを一覧表示してくれます。

CheatSheet 1.0.3(無料)

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 0.3 MB)
販売元: Stefan Fürst – Stefan Fuerst
リリース日: 2012/06/04

現在のバージョンの評価: (8件の評価)
全てのバージョンの評価: (43件の評価)

ss1

Macユーザーには必須のアプリと言っても、過言ではありません。無料ですし、とりあえず入れておくことをオススメします。

あとがき:覚えるべきは良く使うコマンドのみ

いかがだったでしょうか。基本的なショートカットばかりだと思われた方もいるかもしれません。

ですが、そんなものです。よく行うアクションなんて、みんな似通ってくるものですから。

そして、そんなに頻繁に使いもしないショートカットは、覚えても意味がありません。それは時間の短縮になりませんし、覚える労力の方が大きいと考えています。

ぜひ自分のアクションを振り返ってみて、覚えるべきものを厳選するようにしましょう。




今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする